スポンサードリンク

屈折異常(くっせついじょう)とは

屈折異常とは、目に入った光が網膜の上で焦点を結ばないため、
ピントがボケて見える状態。

 

屈折異常の原因はさまざまで、角膜や水晶体のレンズとしての「強さ」や「ゆがみ」と
眼球の前後方向への「長さ」の関係で屈折異常が決まります。

 

 

屈折異常には近視、遠視、乱視、不同視の4種類があります。

 

近視

焦点が網膜の手前に来る状態。
原因は、眼の長さが長いか、角膜や水晶体の屈折力が強いために起こります。
遠くはぼやけて見え、近くは良く見えます。
凹レンズの装用で矯正できます。

 

遠視

焦点が網膜の後ろに来る状態。
原因は、眼の長さが短いか、角膜や水晶体の屈折力が弱いために起こります。
遠いところも近いところも良く見えません。
凸レンズの装用で矯正できます。

 

乱視

乱視には正乱視と不正乱視の2種類があります。

 

正乱視は、角膜の縦と横のカーブが異なり、網膜のどこにも焦点が合わない状態。
乱視用レンズの装用で矯正できます。

 

不正乱視は、病気で角膜の表面が凹凸になり、網膜のどこにも焦点が合わない状態です。
ハードコンタクトレンズの装用で角膜表面を滑らかにし矯正できます。

 

不同視

左右の眼の屈折度数に2.0D以上の差が存在するものが不同視です。
片側の眼は良く見え、もう片方は良く見えない状態。
眼鏡やコンタクトレンズで矯正します。

 

不同視は、視力の良い方の眼のみでモノを見てしまうので、
視力の良い眼が疲れやすくなります。
眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても、左右の屈折度数が大きく異なることから、
左右の物の大きさが異なって見えたり、眼精疲労を起こしやすいです。