スポンサードリンク

眼底出血(がんていしゅっけつ)とは

眼底出血とは、眼底から何らかの原因で出血すること。
眼底にある静脈が何らかの原因で詰まって血液が網膜に出てきてしまった状態。

 

眼底は、瞳から入った光が突き当たる眼球の奥の部分。
眼底なので自分の目を鏡で見ても確認できません。

 

 

 

眼底出血で最も多いのが網膜静脈分枝閉塞症。
網膜静脈分枝閉塞症は網膜の静脈に血栓ができ血液の流れが悪くなる症状。

 

 

眼底出血で放置しておくと視力を低下させたり、失明するリスクがあります。
速やかに治療しましょう。

 

また眼底出血が眼球の広い範囲に及ぶと、眼圧を上昇させ、
緑内障を引き起こす原因になります。

 

 

眼底出血の原因

眼底出血を引き起こす原因はさまざまあります。
眼底出血を起こす病気には、糖尿病、高血圧、貧血、腎臓病、妊娠中毒症などがあります。
他に静脈に起こる血栓症や塞栓症、硝子体出血や外圧による起こる怪我などがあります。

 

治療を行う場合は、どんな病気が原因で眼底出血を起こしているのかを
明確にさせることが重要です。