スポンサードリンク

眼底検査(がんていけんさ)とは

瞳孔の奥にある眼底を眼底カメラや眼底鏡という器具を用いて、
眼底の血管、網膜、視神経を調べる検査。
網膜や脈絡膜などの状態を直接観察して異常がないか検査します。

 

網膜剥離や眼底出血、緑内障などの目の病気を調べるために行います。

 

特に、緑内障が疑われる場合に行います。
視神経障害が起こる正常眼圧緑内障などの病気を早期発見するためには、
眼底検査は重要となります。

 

 

また、眼底の血管は体の中で唯一直接に血管を観察できる部位のため、
観察することで動脈硬化、脳腫瘍、高血圧などの全身の病気が推察でき、
生活習慣病の検査としても有効です。