スポンサードリンク

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性は、加齢とともに網膜色素上皮の下に老廃物が蓄積することで、
黄斑部に障害が起きる病気。

 

網膜の黄斑というところに異常な老化現象が起こり、
中心暗点、変視症などの症状が進み、視力や視野が低下する。

 

文字を読むときなど、読み取る文字は常に視野の中央の黄斑で読まれていて、
そこから数文字でも外れたところにある文字は、相当読みづらくなる。