40代前半でなってしまった白内障

 
スポンサードリンク

40代前半でなってしまった白内障

白内障は高齢者がなる病気だとずっと思っていました。

 

しかし40代前半頃から外出時に光がまぶしく感じ、まぶしさでものが見づらくなってしまったのです。
太陽の光があると見づらいですが、陰に入ると見えるようになっていました。

 

これが白内障の症状だと気づいたのは、眼科で受診した時でした。
まさか40才代で白内障になるとは思っても見ませんでした。

 

診察ではいきなり手術かとビクビクしていましたが、
点眼薬で進行を遅らせることができると医師に言われてとりあえず安心しました。

 

現在では、点眼薬と定期検診で進行の状態を診てもらっています。
少しずつ眼の奥が曇ってきてはいますが、まだ手術をするまでには至っていません。

 

 

点眼薬を差すようになってから、晴天時に外出しても光をまぶしく感じなくなりました。

 

白内障の治療方法には、まず点眼薬で進行を遅らせることができます。
そして眼科の定期検診で、進行状態を診ながら治療方法を確定することができます。



 

関連ページ

思ったより簡単に白内障手術が終わりました
不安が募った白内障手術の体験
進行した白内障の手術体験
白内障の手術の体験
白内障の初期に感じる症状
白内障の初期症状