緑内障,薬

 
スポンサードリンク

緑内障の薬

緑内障で使われる薬は、点服薬、内服薬、点滴薬です。
メインに使われるのは点眼薬で、内服薬、点滴薬は補助的に使用されます。

 

内服薬は点服薬か使えなかったり、効果が不十分な場合、
また視神経の血流を改善する目的などで使われます。
点滴薬は緊急に眼圧を下げる場合に使います。

 

薬物療法の基本は、まず局所投与をし、必要に応じて全身投与を行います。
副作用の少ない局所投与(点眼)をまず試し、うまくいかない場合、全身投与(内服)も行います。



 

関連ページ

緑内障の治療
緑内障は視野や視力は回復できませんが、進行を完全にストップさせることができます。緑内障の治療について分かりやすく解説しています。
緑内障の点眼薬
点眼薬の作用は房水の生産抑制と排出促進です。緑内障の点眼薬について分かりやすく解説しています。
炭酸脱水酵素阻害薬の効能と副作用
この薬は経口内服薬として開発され、眼圧下降薬として使用されてきました。ただ副作用もきついようです。炭酸脱水酵素阻害薬の効能と副作用について分かりやすく解説しています。
プロスタグランジンの効能と副作用
プロスタグランジンは、緑内障治療に有望な薬です。その効能と副作用について分かりやすく解説しています。
緑内障のレーザー治療
近年、レーザー虹彩切開術以外のレーザー治療は少なくなりました。緑内障のレーザー治療について分かりやすく解説しています。