視野検査

 
スポンサードリンク

視野検査

緑内障は視野が欠けていく病気です。
視野が欠けているのかいないのか、
視野のどこがどのように欠けているのかなどの情報は重要です。

 

 

視野検査の方法

まず、計測器で視野の各地点の網膜感度を測定します。
各地点の実測値を出て、また図も出ます。
図には、感度ゼロの地点は黒で塗りつぶし、
以下段階的にグレーの濃淡で感度を表し、
視野のどの部分がどのぐらい見えているかが表示されます。

 

緑内障の視野欠損の典型的な進み方は、
まず鼻側に暗点という感度の悪い点が発生します。
初期のものはひとつひとっばらばらなので孤立暗点といいます。
中期になるとばらばらだった暗点がつながり、
弓状の模様をつくるので、これを弓状暗点といいます。
さらに悪化すると、周辺と中央が分離してドーナツ状の視野になります。

 

この検査では、結果が正常範囲内か正常範囲外かなど、
さまざまな情報を瞬時に提供してくれます。



 

関連ページ

緑内障の検査
緑内障の検査には、顕微鏡を用いた検査、眼圧検査、眼底検査、視野検査、隅角検査などがあります。緑内障の検査について分かりやすく解説しています。
眼圧の測定
眼圧の正常な値や眼圧と緑内障は深い関係にあります。眼圧測定について分かりやすく解説しています。
眼底検査
眼底検査は、眼底に光を入れて観察する検査です。緑内障の眼底検査について分かりやすく解説しています。
隅角検査
隅角を観察することは、緑内障では大変重要です。検査の方法には隅角鏡を使ったものと超音波生体顕微鏡を使ったものがあります。緑内障の隅角検査について分かりやすく解説しています。