緑内障の検査

 
スポンサードリンク

緑内障の検査

緑内障の診断や治療効果の判定に必要な主な検査は、
顕微鏡を用いた検査、眼圧検査、眼底検査、視野検査、隅角検査の5つの検査です。

 

顕微鏡を用いた検査と眼圧検査については眼科を受診した際の
基本検査として行われます。

 

眼圧が正常でも緑内障の人がたくさんいることを考えば、
緑内障の早期発見に眼圧測定だけでは十分ではありません。
緑内障の治療の中心が眼圧下降であるこでもわかるように、
眼圧は緑内障管理において極めて重要な指標です。



 

関連ページ

眼圧の測定
眼圧の正常な値や眼圧と緑内障は深い関係にあります。眼圧測定について分かりやすく解説しています。
眼底検査
眼底検査は、眼底に光を入れて観察する検査です。緑内障の眼底検査について分かりやすく解説しています。
視野検査
緑内障は視野が欠けていく病気です。視野が欠けているのかいないのか、視野のどこがどのように欠けているのかなどの情報は重要です。緑内障の視野検査について分かりやすく解説しています。
隅角検査
隅角を観察することは、緑内障では大変重要です。検査の方法には隅角鏡を使ったものと超音波生体顕微鏡を使ったものがあります。緑内障の隅角検査について分かりやすく解説しています。