急性緑内障発作の原因と症状

 
スポンサードリンク

急性緑内障発作の原因と症状

急性緑内障発作の症状

突然、目が真っ赤に充血して激しく痛み出し、視力も落らてきます。
頭痛や吐き気もして、実際に吐いてしまう人もいます。
虹視(こうし)といって、光を見るとまわりに虹のような輪がかかって見えることもあります。
これが急性緑内障発作です。

 

 

急性緑内障発作の原因

もともと挟隅角ないし閉塞隅角の人が、精神的なショックや疲労、不眠、かぜ、
ぜんそく、散瞳などが引き金になり、急激な眼圧上昇を起こします。
標準の眼圧が10〜20mmHgに対し、
50mmHg、極端な場合は100mmHgにもなり、治療が遅れると失明することもあります。
片目だけに起こるのが普通です。

 

治療が遅れる原因のひとつに、頭痛や叶き気を伴うために、
内科を受診してしまうことがあげられます。
内科医が気づけばいいのですが、頭痛薬などをもらって帰宅し、
翌日再受診して分かることもあります。

 

 

急性緑内障発作の治療

治療はレーザー虹彩切開術が中心になります。
一刻を争う緑内障発作の治療では、
瞬間的に眼圧を下げるレーザー虹彩切開術は非常に有効です。

 

ただ、水晶体が後ろから押していて、虹彩に穴を開けても、
隅角が開かないことがあります。
これは白内障が進んでいることに加え、水晶体を吊っているチン氏体が弱っているために、
水晶体が前に出るのを止めることができず、緑内障発作が出現したものです。
そういう場合は白内障の手術をします。

 

また、眼圧で角膜に濁りが出ている場合は、
レーザーが角膜を通過しにくいことや、虹彩が見えないのでねらいにくいため、
高浸透圧剤を点滴して、まず角膜をきれいにします。
高浸透圧剤は全身の水分をとる薬です。
30分ほどかかりますが、角膜の濁りをとり、房水や硝子体に作用して眼圧を下げます。
眼圧が下がれば、レーザー虹彩切開術を行うことができ、眼圧は正常に戻ります。
もしレーザー虹彩切開術ができなければ、手術となってしまいます。



 

関連ページ

緑内障の自覚症状
緑内障の進行は4段階に分けることができます。視野が欠けていきますが、かなり進行してからでないと自覚症状は出ません。緑内障の自覚症状について分かりやすく解説しています。
緑内障のチェック
緑内障は早期発見が大切。自分で簡単にチェックする方法はある?緑内障のチェックについて分かりやすく解説しています。
緑内障と眼圧の関係
緑内障の人の半数以上が眼圧は正常。緑内障でも眼圧が高いとは限りません。緑内障と眼圧の関係について分かりやすく解説しています。
緑内障の原因と症状
緑内障とは、高くなった眼圧が視神経を圧迫し、萎縮させ、視野が狭くなる病気。緑内障の原因と症状について分かりやすく解説しています。
広隅角緑内障の原因と症状
広隅角緑内障では隅角には何の問題もありませんが、房水はうまく排出されずに緑内障になります。広隅角緑内障の原因と症状について分かりやすく解説しています。
正常眼圧緑内障の原因と症状
眼圧は正常の範囲内なのに、緑内障になり、病状が進行するのが正常眼圧緑内障。正常眼圧緑内障の原因と症状について分かりやすく解説しています。
狭隅角緑内障の原因と症状
狭隅角緑内障は日本人、中国人、エスキモーに多く、また男性より女性に多いのが特徴とされています。狭隅角緑内障の原因と症状について分かりやすく解説しています。
先天緑内障の原因と症状
赤ちゃんの緑内障を先天緑内障といい、生まれつきのこともあれば、生後少しずつ目が変化していく場合もあります。先天緑内障の原因と症状について分かりやすく解説しています。
続発緑内障の原因と症状
緑内障以外の目の病気に併発して起こる緑内障を続発緑内障といいます。続発緑内障の原因と症状について分かりやすく解説しています。
緑内障と遺伝の関係
血族結婚の家系には緑内障が多いと言われています。緑内障の遺伝について分かりやすく解説しています。
緑内障とストレスの関係
ストレスによって眼圧が上昇することがあります。緑内障のストレスについて分かりやすく解説しています。