眼圧の測定

 
スポンサードリンク

眼圧測定

眼圧が高いと

目の中には房水といって、水晶体などの組織に栄養を供給する水が、
常に一定量流れています。
ところが、房水の排出がうまくいかず、房水の量が増えてしまうと、
眼圧が高い状態になります。
そのために視神経が圧迫され、萎縮してしまうのが緑内障です。

 

 

眼圧の測定値

眼圧は血圧と同じミリメートル水銀柱(mmHg)で表されます。
正常な眼圧は10〜20mmHgとされています。

 

健康な人でも、眼圧はさまざまな要因で変動します。
1日のうちでも時間によって眼圧は変化します。
また、姿勢、年齢、運動などでも眼圧は変わります。
たとえばうつ伏せや逆立ちの姿勢は眼圧を上昇させます。
全身運動は眼圧を下降させるといわれますが、いきむタイプの運動は上昇させます。
眼圧は常に変化しているので、1回だけ測定してもあまり意味がありません。

 

また、眼圧が正常でも緑内障と診断される人がたくさんいます。
正常範囲だからといって決して安心できません。
緑内障の診断では眼圧測定に加え眼底検査や視野検査が重要です。

 

 

眼圧測定の方法

眼圧測定にはいくつかの方法があります。
ひとつは「シェッツの眼圧計」。
これは分度器に重りをつけたような機械で、角膜を押したときに
どのぐらい重りを押し返すかを測定するものです。

 

もうひとつはアプラネーション・トノメーターという機械です。
これも医師が点眼麻酔をし、角膜を押して測るのはシェッツ眼圧計と同じですが、
重りなどは使わないで、より機械的な測定。

 

さらに空気眼圧計があります。
これは空気をしゅっと角膜に吹きつけ、そのときの角膜のゆがみ度を
コンピューターで測るという方法です。
空気眼圧計がいいのは、まず直接角膜に器具が触れないので、
傷つけたり感染したりといった恐れがないことです。また麻酔も必要ありません。
ただ、角膜の固さや厚みには個人差があり、
ゆがみがそのまま眼圧を反映するかどうかに若干の問題はあります。

 

3つの方法の中では、アプラネーション・トノメーターの測定値が
もっとも正確ではないかといわれています。



 

関連ページ

緑内障の検査
緑内障の検査には、顕微鏡を用いた検査、眼圧検査、眼底検査、視野検査、隅角検査などがあります。緑内障の検査について分かりやすく解説しています。
眼底検査
眼底検査は、眼底に光を入れて観察する検査です。緑内障の眼底検査について分かりやすく解説しています。
視野検査
緑内障は視野が欠けていく病気です。視野が欠けているのかいないのか、視野のどこがどのように欠けているのかなどの情報は重要です。緑内障の視野検査について分かりやすく解説しています。
隅角検査
隅角を観察することは、緑内障では大変重要です。検査の方法には隅角鏡を使ったものと超音波生体顕微鏡を使ったものがあります。緑内障の隅角検査について分かりやすく解説しています。