白内障手術の失敗リスク

 
スポンサードリンク

白内障手術の失敗リスク

白内障手術の成功率は100%とはいきません。
手術を受ける人のの期待度が高く、手術の結果に必ずしも満足しない人もいます。
また、いくら万全を期して手術をしても、事故は起こり得ます。

 

手術によるのリスク

失明

まれに、手術の際の眼内出血のために硝子体圧が下がり、
手術を延期しなければならないことがあります。
ひどい場合は出血に押されて、切開口から眼球の内容物が出てしまい、
失明することがあります。

 

網膜剥離

また、前嚢を切り取る際に、前嚢に亀裂が入ることがあります。
この亀裂が後嚢にまでまわって破れると、硝子体に核が落ちてしまうことがあります。
吸引するときにも後嚢に穴があくことがあり得ます。
もちろん硝子体手術で落ちた核を摘り出すのですが、眼底に達していたりすると、
今度は網膜剥離を起こすかもしれません。

 

眼内レンズを固定できない

さらに、眼内レンズをうまく固定できないこともあります。
チン氏体が弱っていたり、後嚢が破れた場合などには、
眼内レンズを眼球壁に縫い付けるか、あるいは眼内レンズをやめて他の方法にするか、
状況に応じて選択しなければなりません。

 

感染症

いちぱん気をつかうのが感染症です。
手術前後には、消毒はもちろん抗生物質の注射や点滴をきちんと行い、万全を期します。
それでも感染症は数千件に1件起こるといわれています。
何しろ眼球は水あり、栄養あり、温度は一定という温室のような環境ですから、
あっという間に繁殖します。

 

白内障手術の翌日に、感染症の手術ということもあり得ます。
感染症を完璧に防ぐことはできません、菌をゼロにすることができないのです。
まつげの根元とかまぶたの脂腺とかにいくらでも菌はいます。
発症するかどうかは、前房水の流れ、術後の抗生物質の効き方、
体の抵抗力、菌の種類などによります。



 

関連ページ

白内障の薬
白内障による視力低下を薬で回復することはできず、進行を遅らせる程度です。白内障の薬について分かりやすく解説しています。
白内障の手術の時期
手術にいつ踏み切るかは、白内障ではなかなかやっかいな問題。どのタイミングで手術すればよいでしょう?白内障の手術、時期、治療について分かりやすく解説しています。
白内障の手術手順
白内障の手術前の準備、手術内容、術後の処置など不安になることも。白内障の手術手順について分かりやすく解説しています。
白内障の手術方法
白内障の手術はどのように行われるのでしょうか?手術の方法やリスクを知っていれば、冷静な心構えができます。白内障の手術方法について分かりやすく解説しています。
超音波水晶体乳化吸引術
一般的に行われている白内障の手術方法のほとんどが「超音波水晶体乳化吸引術(PEA)」になっています。白内障の超音波水晶体乳化吸引術について分かりやすく解説しています。
白内障の眼内レンズ
眼内レンズはメガネやコンタクトレンズの欠点をほとんど克服しています。ただ眼内レンズにも問題はあります。白内障の眼内レンズについて分かりやすく解説しています。
白内障の多焦点眼内レンズ
多焦点眼内レンズは、遠距離、中間距離、近距離など複数に焦点が合うようにしたレンズ。白内障の多焦点眼内レンズについて分かりやすく解説しています。
白内障の手術後の注意点
手術後完全に回復するまでにはある程度の期間を要します。白内障の手術後、生活上の注意点について分かりやすく解説しています。