白内障の手術方法

 
スポンサードリンク

白内障の手術方法

手術室に入る前

手術室に入る前に行うのは、

 

点眼

散瞳剤を点眼します。
瞳を大きく開くために行います。
開いた分だけフィールドが広くなり、手術がやりやすくなります。
フィールドが広いか挟いかは安全性にかかわります。

 

点滴

止血刻や抗生物質が入っています。
また、手術前に点滴のルートを確保しておくのは、術中に内科的な処置が必要になった場合、
すぐ血管に薬を入れられるからです。
何か起こってから血管に針を刺すよりは、前もって静脈をキープしておくわけです。

 

のみ薬

精神安定刻と眼圧を下げる薬を服用します。

 

 

手術内容

手術室への往復は車椅子を使います。

 

手術術は局所麻酔で行われます。
結膜の下に麻酔薬をそっと流し込みます。
麻酔の目的は、痛みの抑制と眼球運動の抑制です。
現在の手術では、眼球運動はそれほど抑制する必要はなく、むしろ手術がやりやすいように、
指示に従って動かしてもらったほうがよいという考えもあります。
眼球運動の抑制が必要なく、痛みの抑制だけなら、点眼麻酔だけで十分ということになります。

 

まばたきの強い人には、それを抑えるために瞬目麻酔を行うこともあります。
これは耳の脇や目の周囲に麻酔を注射するものです。

 

手術時間は、通常の超音波水晶体乳化吸引術の場合、まぶたを開いてから、
10〜20分が普通です。
最初に光の通路を取り戻すために、濁った水晶体を取り除きます。
そして濁った水晶体の摘出後、
眼内に人工レンズを挿入する手術方法が主流となっています。

 

手術の痛みはないはずです。
目に触られているという感じや圧迫感のようなものは感じるでしょう。



 

関連ページ

白内障の薬
白内障による視力低下を薬で回復することはできず、進行を遅らせる程度です。白内障の薬について分かりやすく解説しています。
白内障の手術の時期
手術にいつ踏み切るかは、白内障ではなかなかやっかいな問題。どのタイミングで手術すればよいでしょう?白内障の手術、時期、治療について分かりやすく解説しています。
白内障の手術手順
白内障の手術前の準備、手術内容、術後の処置など不安になることも。白内障の手術手順について分かりやすく解説しています。
超音波水晶体乳化吸引術
一般的に行われている白内障の手術方法のほとんどが「超音波水晶体乳化吸引術(PEA)」になっています。白内障の超音波水晶体乳化吸引術について分かりやすく解説しています。
白内障手術の失敗リスク
白内障手術の成功率は100%とはいきません。どんな事故、失敗があるのでしょうか?白内障手術の失敗のリスクについて分かりやすく解説しています。
白内障の眼内レンズ
眼内レンズはメガネやコンタクトレンズの欠点をほとんど克服しています。ただ眼内レンズにも問題はあります。白内障の眼内レンズについて分かりやすく解説しています。
白内障の多焦点眼内レンズ
多焦点眼内レンズは、遠距離、中間距離、近距離など複数に焦点が合うようにしたレンズ。白内障の多焦点眼内レンズについて分かりやすく解説しています。
白内障の手術後の注意点
手術後完全に回復するまでにはある程度の期間を要します。白内障の手術後、生活上の注意点について分かりやすく解説しています。