白内障の手術手順

 
スポンサードリンク

白内障の手術手順

白内障の手術は、通常、日帰りもしくは2泊3日程度の入院で行われます。

 

基本的に日帰り手術は、歩行可能で家族の付き添いがある人に限っているようです。
病気が進行しているから3目入院のほうがいい、などということはありません。
手術そのものは、日帰りでも3日入院でもまったく同じです。

 

手術の流れ

一般的な手術までの流れは、まず手術の1ヶ月ほど前に全身検査を行います。
検査後、結果に問題がなければインフォームドコンセント、つまり手術の詳細や起こり得ることについて説明があります。
手術の前日にも来院し、診察をします。
手術当日、朝食は摂らず、点滴、薬を飲み、手術を行います。
術後は軽い食事をし、何時間かは病室で安静にします。
その後、診察、服薬指導を受け、退院となります。
通常、翌日も診察のための来院が必要となります。
日帰り手術の場合、、手術前日、当日、翌日と3日間は必ず来院しなければならないわけで、
遠方の方などは3日入院のほうが楽ということになるでしょう。

 

入院をする場合でも流れはほぼ同じようです。



 

関連ページ

白内障の薬
白内障による視力低下を薬で回復することはできず、進行を遅らせる程度です。白内障の薬について分かりやすく解説しています。
白内障の手術の時期
手術にいつ踏み切るかは、白内障ではなかなかやっかいな問題。どのタイミングで手術すればよいでしょう?白内障の手術、時期、治療について分かりやすく解説しています。
白内障の手術方法
白内障の手術はどのように行われるのでしょうか?手術の方法やリスクを知っていれば、冷静な心構えができます。白内障の手術方法について分かりやすく解説しています。
超音波水晶体乳化吸引術
一般的に行われている白内障の手術方法のほとんどが「超音波水晶体乳化吸引術(PEA)」になっています。白内障の超音波水晶体乳化吸引術について分かりやすく解説しています。
白内障手術の失敗リスク
白内障手術の成功率は100%とはいきません。どんな事故、失敗があるのでしょうか?白内障手術の失敗のリスクについて分かりやすく解説しています。
白内障の眼内レンズ
眼内レンズはメガネやコンタクトレンズの欠点をほとんど克服しています。ただ眼内レンズにも問題はあります。白内障の眼内レンズについて分かりやすく解説しています。
白内障の多焦点眼内レンズ
多焦点眼内レンズは、遠距離、中間距離、近距離など複数に焦点が合うようにしたレンズ。白内障の多焦点眼内レンズについて分かりやすく解説しています。
白内障の手術後の注意点
手術後完全に回復するまでにはある程度の期間を要します。白内障の手術後、生活上の注意点について分かりやすく解説しています。