白内障の手術の時期

 
スポンサードリンク

白内障の手術の時期

一生、観察を続けて、手術せずに済んでしまえば、それはそれで良いでしょう。
または、「もう耐えられない」とはっきり納得して手術に踏み切る場合は、
何も問題ありません。

 

しかし中には、あまりにも進行が穏やかで、低い視力に慣れてしまい、
0・3ぐらいでも生活に何ら困らないという人もいます。
こういう場合はいつ手術に踏み切るか判断するのが困難です。
たとえば核性の白内障では、あまり核が固くなると超音波で砕けなくなり、
手術がやりにくくなることもあります。
このように手術にいつ踏み切るかは、白内障ではなかなかやっかいな問題で、
実際の対応も病院によってまちまちです。

 

 

白内障の手術時期の判断

病院によって手術のタイミングはまちまちですが、ひとつの指標として、
視力が0・5以下であること、本人が手術を希望していることがあります。
ただ視力が0・5以下でも手術する病院もあります。
医師とよく相談し、リスクを理解した上で手術の判断をしましょう。

 

一概に「見えにくい」といってもいろいろなタイプがあり、
0・5以上か以下かだけで判断するのは危険です。
自分の生活環境も十分考慮して決めましょう。



 

関連ページ

白内障の薬
白内障による視力低下を薬で回復することはできず、進行を遅らせる程度です。白内障の薬について分かりやすく解説しています。
白内障の手術手順
白内障の手術前の準備、手術内容、術後の処置など不安になることも。白内障の手術手順について分かりやすく解説しています。
白内障の手術方法
白内障の手術はどのように行われるのでしょうか?手術の方法やリスクを知っていれば、冷静な心構えができます。白内障の手術方法について分かりやすく解説しています。
超音波水晶体乳化吸引術
一般的に行われている白内障の手術方法のほとんどが「超音波水晶体乳化吸引術(PEA)」になっています。白内障の超音波水晶体乳化吸引術について分かりやすく解説しています。
白内障手術の失敗リスク
白内障手術の成功率は100%とはいきません。どんな事故、失敗があるのでしょうか?白内障手術の失敗のリスクについて分かりやすく解説しています。
白内障の眼内レンズ
眼内レンズはメガネやコンタクトレンズの欠点をほとんど克服しています。ただ眼内レンズにも問題はあります。白内障の眼内レンズについて分かりやすく解説しています。
白内障の多焦点眼内レンズ
多焦点眼内レンズは、遠距離、中間距離、近距離など複数に焦点が合うようにしたレンズ。白内障の多焦点眼内レンズについて分かりやすく解説しています。
白内障の手術後の注意点
手術後完全に回復するまでにはある程度の期間を要します。白内障の手術後、生活上の注意点について分かりやすく解説しています。