EGR(網膜電位図) 白内障の検査

 
スポンサードリンク

EGR(網膜電位図)検査

ERGは網膜電位図と訳されます。
EGR(網膜電位図)の検査は、心電図のように電位変化を記録して、
その波形から網膜の働きが正常かどうかを調べるものです。
網膜剥離や網膜色素変性症、黄斑変性症など網膜の異常を発見します。

 

 

ERG(網膜電位図)検査の方法

暗室のベッドで横になり、点眼麻酔をして、
電極を埋め込んだ特殊なコンタクトレンズを装着します。
そして、眼球内の網膜に強いフラッシュを照射すると、
網膜と角膜の間にある電位(静止電位)に変化が生じるので、
このときの網膜の電位の変化をグラフにします。

 

このグラフを細かく分析すると、網膜自体の機能がよくわかります。
波が大きいほど網膜の働きはよいとされています。

 

ただERGは網膜全体の機能を表すので、
一部の細胞がダメになっていても他の細胞が健康であれば、
良好なERGが得られてしまいます。
つまり中心窩の細胞が悪くてもERGは良好ということがあり碍るのです。



 

関連ページ

白内障の検査項目
白内障の診断にはどんな検査をするのでしょうか?白内障の検査について分かりやすく解説しています。
視力検査
視力検査には裸眼視力検査と矯正視力検査があります。白内障の視力検査について分かりやすく解説しています。
眼圧検査
白内障の濁りが急激に増加して眼圧が高くなる膨隆白内障の有無も含めて眼圧測定を行います。白内障の眼圧検査について分かりやすく解説しています。
眼底検査
眼底検査は検眼鏡を使って瞳から眼底を検査します。白内障の眼底検査について分かりやすく解説しています。
超音波検査
角膜混濁や成熟白内障などのために、眼底がまったく透見できない場合、超音波検査をします。白内障の超音波検査について分かりやすく解説しています。
MTF(レーザー干渉縞視力検査)
レーザー光は濁った水晶体も通過して網膜に達することで検査します。白内障のMTF(レーザー干渉縞視力検査)について分かりやすく解説しています。