MTF(レーザー干渉縞視力検査)

 
スポンサードリンク

MTF(レーザー干渉縞視力検査)

レーザー光は濁った水晶体も通過して網膜に達します。
これを使った方法がMTF(レーザー干渉縞視力検査)です。

 

網膜には色を感じる細胞と光を感じる細胞があります。
網膜の色を感じる細胞がたくさん集まっているところが黄斑部で、
黄斑部の中心にある中心窩(ちゅうしんか)で人間はものを見ているのです。
動いているものを見るとき、私たちは目をキョロキョロさせますが、
あれは中心高に像を結ぶように目を動かして調節しているのです。
黄斑部以外の細胞は光を感じる細胞で、視力にはあまり関係しません。

 

 

MTFの検査方法

レーザーの光は縞構造をしています。
そこで黄斑部にレーザー光を通し、その縞をどのぐらい認識できるかを測定するのがMTFです。
もしこの検査で黄斑部の能力があまり残っていないことがわかった場今は、
白内障の手術をしても意味がないということになります。
この検査はレチノメーターという機械で行いますが、
体に害のない弱いレーザー光を使いますから、心配はいりません。



 

関連ページ

白内障の検査項目
白内障の診断にはどんな検査をするのでしょうか?白内障の検査について分かりやすく解説しています。
視力検査
視力検査には裸眼視力検査と矯正視力検査があります。白内障の視力検査について分かりやすく解説しています。
眼圧検査
白内障の濁りが急激に増加して眼圧が高くなる膨隆白内障の有無も含めて眼圧測定を行います。白内障の眼圧検査について分かりやすく解説しています。
眼底検査
眼底検査は検眼鏡を使って瞳から眼底を検査します。白内障の眼底検査について分かりやすく解説しています。
超音波検査
角膜混濁や成熟白内障などのために、眼底がまったく透見できない場合、超音波検査をします。白内障の超音波検査について分かりやすく解説しています。
EGR(網膜電位図) | 白内障の検査
網膜の電位の変化をグラフにし、波が大きいほど網膜の働きはよいとされます。白内障のEGR(網膜電位図)について分かりやすく解説しています。