超音波検査 | 白内障の検査

 
スポンサードリンク

超音波検査

MTFやERGでは、網膜の細胞が機能しているかどうかは分かりますが、
網膜のどこがどう障害を起こしているのか、剥離しているのか、
裂孔があるのかなどは分かりません。
また、網膜の現在の状態を知る必要があるのに、角膜混濁や成熟白内障などのために、
眼底がまったく透見できない場合、超音波検査をします。

 

この検査は目の前で超音波を出し、そのはね返りから組織の状態を画像化するものです。
たとえば虹彩に炎症があり、水晶体にくっついてしまって瞳孔を拡大することが、
できない場合などにも有効です。
眼底を見ることができない場合には欠かせない方法といえます。



 

関連ページ

白内障の検査項目
白内障の診断にはどんな検査をするのでしょうか?白内障の検査について分かりやすく解説しています。
視力検査
視力検査には裸眼視力検査と矯正視力検査があります。白内障の視力検査について分かりやすく解説しています。
眼圧検査
白内障の濁りが急激に増加して眼圧が高くなる膨隆白内障の有無も含めて眼圧測定を行います。白内障の眼圧検査について分かりやすく解説しています。
眼底検査
眼底検査は検眼鏡を使って瞳から眼底を検査します。白内障の眼底検査について分かりやすく解説しています。
MTF(レーザー干渉縞視力検査)
レーザー光は濁った水晶体も通過して網膜に達することで検査します。白内障のMTF(レーザー干渉縞視力検査)について分かりやすく解説しています。
EGR(網膜電位図) | 白内障の検査
網膜の電位の変化をグラフにし、波が大きいほど網膜の働きはよいとされます。白内障のEGR(網膜電位図)について分かりやすく解説しています。