眼底検査 白内障

 
スポンサードリンク

眼底検査

医師はまず、外眼をチェックし、充血していないか、目やには出ていないか、
まぶたの形に異常はないか、眼位は正常かなどを大まかにチェックします。

 

そして細隙灯顕微鏡を使って水晶体そのものを検査します。
細隙灯顕微鏡では、散瞳した後、細い線状の光を目の中に入れ、
光の当たった部分を拡大して見ることができるので、
どこにに濁りがあるか、どの程度進行しているかを簡単にチェックできます。
細隙灯顕微鏡単独でチェックできるのは、角膜、虹彩、水品体、
硝子体の前部ぐらいまでです。

 

眼底検査でできること

もし眼底、つまり網膜や視神経に異常があれば、いくら白内障の手術をしても、
視力は思うように回復しません。
そこで眼底をチェックする必要があります。
眼底検査は検眼鏡を使って瞳から眼底を観察しますが、
白内障の場合は濁りが邪魔して見えにくいことが多く、散瞳して行うのが普通です。
疑わしい点が残る人は、さらに次の検査を受けることになります。



 

関連ページ

白内障の検査項目
白内障の診断にはどんな検査をするのでしょうか?白内障の検査について分かりやすく解説しています。
視力検査
視力検査には裸眼視力検査と矯正視力検査があります。白内障の視力検査について分かりやすく解説しています。
眼圧検査
白内障の濁りが急激に増加して眼圧が高くなる膨隆白内障の有無も含めて眼圧測定を行います。白内障の眼圧検査について分かりやすく解説しています。
超音波検査
角膜混濁や成熟白内障などのために、眼底がまったく透見できない場合、超音波検査をします。白内障の超音波検査について分かりやすく解説しています。
MTF(レーザー干渉縞視力検査)
レーザー光は濁った水晶体も通過して網膜に達することで検査します。白内障のMTF(レーザー干渉縞視力検査)について分かりやすく解説しています。
EGR(網膜電位図) | 白内障の検査
網膜の電位の変化をグラフにし、波が大きいほど網膜の働きはよいとされます。白内障のEGR(網膜電位図)について分かりやすく解説しています。