眼圧検査 白内障 検査

 
スポンサードリンク

眼圧検査

眼圧が高いと

目の中には房水といって、水晶体などの組織に栄養を供給する水が、
常に一定量流れています。
ところが、房水の排出がうまくいかず、房水の量が増えてしまうと、
眼圧が高い状態になります。
そのために視神経が圧迫され、萎縮してしまうのが緑内障です。

 

 

眼圧検査の必要性

また、白内障の濁りが急激に増加して眼圧が高くなる場合(膨隆白内障)もあり、
こうした余病がないかどうかを調べるために、眼圧測定を行います。

 

眼圧測定にはもうひとつ意味があります。
これから先の検査や治療では、たびたび散瞳(瞳孔を薬で開く)か必要になります。
ところが散瞳すると眼圧が急激に上がり、緑内障になることがまれにあります。
これを予防するためにも眼圧測定は欠かせません。

 

 

眼圧検査の方法

眼圧測定にはいくつかの方法があります。
ひとつは「シェッツの眼圧計」。
これは分度器に重りをつけたような機械で、角膜を押したときに
どのぐらい重りを押し返すかを測定するものです。

 

もうひとつはアプラネーション・トノメーターという機械です。
これも医師が点眼麻酔をし、角膜を押して測るのはシェッツ眼圧計と同じですが、
重りなどは使わないで、より機械的な検査。

 

さらに空気眼圧計があります。
これは空気をしゅっと角膜に吹きつけ、そのときの角膜のゆがみ度を
コンピューターで測るという方法です。
空気眼圧計がいいのは、まず直接角膜に器具が触れないので、
傷つけたり感染したりといった恐れがないことです。また麻酔も必要ありません。
ただ、角膜の固さや厚みには個人差があり、
ゆがみがそのまま眼圧を反映するかどうかに若干の問題はあります。

 

3つの方法の中では、アプラネーション・トノメーターの測定値が
もっとも正確ではないかといわれています。



 

関連ページ

白内障の検査項目
白内障の診断にはどんな検査をするのでしょうか?白内障の検査について分かりやすく解説しています。
視力検査
視力検査には裸眼視力検査と矯正視力検査があります。白内障の視力検査について分かりやすく解説しています。
眼底検査
眼底検査は検眼鏡を使って瞳から眼底を検査します。白内障の眼底検査について分かりやすく解説しています。
超音波検査
角膜混濁や成熟白内障などのために、眼底がまったく透見できない場合、超音波検査をします。白内障の超音波検査について分かりやすく解説しています。
MTF(レーザー干渉縞視力検査)
レーザー光は濁った水晶体も通過して網膜に達することで検査します。白内障のMTF(レーザー干渉縞視力検査)について分かりやすく解説しています。
EGR(網膜電位図) | 白内障の検査
網膜の電位の変化をグラフにし、波が大きいほど網膜の働きはよいとされます。白内障のEGR(網膜電位図)について分かりやすく解説しています。