後嚢下白内障の原因と症状

 
スポンサードリンク

後嚢下白内障の原因と症状

白内障は水晶体の濁る部分によって3つのタイプに分けられます。
核が濁る「核白内障」、水晶体の後ろ側の皮質が濁る「後嚢下白内障」、
皮質が濁る「皮質白内障」があります。

 

 

後嚢下白内障の症状

後嚢の中心部の皮質が肌状に濁ってくるタイプで、
視力の低下が早く進むのが特徴です。

 

このタイプは、濁りが中心部から発生しますので、早い段階でまぶしさを強く感じます。
室内の蛍光灯の明かりでさえ、とてもまぶしく感じます。
逆光では極端に視力が落ちることもめずらしくありません。
むしろ暗いほうが見えやすいのです。
これは、明るいところでは瞳孔が小さくなり、ほとんどが濁りに覆われてしまうため、
光が反射して見えにくくなるためです。
ステロイド白内障や併発白内障は後嚢下が濁りやすいといわれています。

 

視力が低下したと自覚しますが、老眼と勘違いして治療が遅れることが多いです。
老眼と白内障の違いは、老眼は近くのものだけ見にくいだけです。
それに対して白内障は、見えるもの全体が見にくくなります。
遠近どちらも見ずらくなります。

 

 

白内障の治療をほったらかしにしていると、濁りが進み、
やがて水晶体が完全に白濁します。
ここまで症状が進むと、明暗の区別しか付かなくなります。
そのまま放置していると水晶全体がふくらんで「急性緑内障」を起こすことがあります。

 

なんらかの自覚症状を感じたら早めに眼科で検査しましょう。



 

関連ページ

先天性白内障の原因と症状
先天性白内障は、生まれながらに水晶体に濁りがあり、新生児、乳幼児、学童期までに発症する白内障。先天性白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
糖尿病性白内障の原因と症状
糖尿病の人は白内障になりやすくなります。糖尿病に併発する目の病気では、白内障より糖尿病網膜症が重大です。糖尿病性白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
アトピー性白内障の原因と症状
アトピー性白内障は20代に多く、顔面に強い症状がある人に白内障が発症しやすいとされています。アトピー性白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
ステロイド白内障の原因と症状
ステロイドを長期間、大量に使用すると白内障になるとされています。ステロイド白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
外傷性白内障の原因と症状
鉄片が目に入ったり、刃物で水晶体を傷つけたりした起こる白内障。外傷性白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
放射線白内障の原因と症状
原爆の被害者や放射線を浴びた人に白内障が多いことが知られています。放射線白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
紫外線白内障の原因と症状
紫外線は、水晶体が白く濁し、視力を低下させる白内障の障害を引き起こす可能性があります。紫外線白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
皮質白内障の原因と症状
白内障は水晶体の濁る部分によって3つのタイプに分けられます。皮質が濁るタイプを皮質白内障と言います。皮質白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
核白内障の原因と症状
白内障は水晶体の濁る部分によって3つのタイプに分けられます。核が濁るタイプを核白内障と言います。核白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
後発白内障の原因と治療
手術時に残した後嚢にそって水晶体細胞が再生し、それが再び濁る症状を後発白内障と言います。後発白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。