放射線白内障の原因と症状

 
スポンサードリンク

放射線白内障の原因と症状

放射線白内障の原因

原爆の被害者や放射線を浴びた人に白内障が多いことが知られています。
また、網膜芽細胞腫の治療で放射線療法を使用し、
腫瘍の位置によっては水晶体に放射線があたってしまうと、
放射線白内障になる可能性があります。

 

放射線被曝後、高い放射線量なら、早くて1〜2年、
低い線量であれば何年も経ってから症状が現れることがあります。
また、より高い線量では、視力障害を伴う放射線白内障を発症する可能性が高まります。
放射線白内障がどれくらいの頻度で重度の視力障害を生じるほどに
進展するのかは明らかになっていません。

 

 

放射線白内障の症状

放射線白内障は、水晶体の一部に濁りが生じるもので、
水晶体の後側表面を覆う傷害を受けた細胞に発生します。
そして、水晶体中心部に濁りが発生するため、
特に明るいところで見にくくなります。

 

放射線は、分裂している細胞に特に傷を与えやすいので、
まず赤道部で細胞に異常が生じます。
放射線によりダメージをうけた水晶体の細胞は水晶体の後方、
中央部に集まりこれらが濁りとなって光の透過を妨げるのです。

 

老人性白内障とは異なり、多くは進展せず、
視力障害を生じることは少ないと言われていますが、
低線量の被ばくでは、混濁がある程度以上進行しない停止性のものが多く、
高線量では進行性のものが増加するようです。



 

関連ページ

先天性白内障の原因と症状
先天性白内障は、生まれながらに水晶体に濁りがあり、新生児、乳幼児、学童期までに発症する白内障。先天性白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
糖尿病性白内障の原因と症状
糖尿病の人は白内障になりやすくなります。糖尿病に併発する目の病気では、白内障より糖尿病網膜症が重大です。糖尿病性白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
アトピー性白内障の原因と症状
アトピー性白内障は20代に多く、顔面に強い症状がある人に白内障が発症しやすいとされています。アトピー性白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
ステロイド白内障の原因と症状
ステロイドを長期間、大量に使用すると白内障になるとされています。ステロイド白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
外傷性白内障の原因と症状
鉄片が目に入ったり、刃物で水晶体を傷つけたりした起こる白内障。外傷性白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
紫外線白内障の原因と症状
紫外線は、水晶体が白く濁し、視力を低下させる白内障の障害を引き起こす可能性があります。紫外線白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
皮質白内障の原因と症状
白内障は水晶体の濁る部分によって3つのタイプに分けられます。皮質が濁るタイプを皮質白内障と言います。皮質白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
後嚢下白内障の原因と症状
白内障は水晶体の濁る部分によって3つのタイプに分けられます。水晶体の後ろ側の皮質が濁るタイプを後嚢下白内障と言います。後嚢下白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
核白内障の原因と症状
白内障は水晶体の濁る部分によって3つのタイプに分けられます。核が濁るタイプを核白内障と言います。核白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
後発白内障の原因と治療
手術時に残した後嚢にそって水晶体細胞が再生し、それが再び濁る症状を後発白内障と言います。後発白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。