白内障の初期症状

 
スポンサードリンク

白内障の初期症状

白内障は水晶体が濁る病気ですが、原因はわかっていません。
老化によって水晶体の水分が減り、たんぱく質がどんどん増え、
それが濁りをつくることは分かっています。

 

老化とは、どういう什組みで起こるのかはまだ完全に解明されていないので、
白内障を予防することも、現段階ではできません。

 

白内障の初期

症状は、初期ではあまりはっきり出ません。
視力が低下して見えにくくなりますが、
白内障の人はたいがい老眼もあるので「老眼だ」と思ってしまうことが多いのです。

 

老眼の見えにくさと白内障の見えにくさを比較すると、
老眼はピントが合わない見えにくさ、白内障は薄い絹のベールを通して
見ているような見えにくさといえるでしょう。
また濁り方によっては、特にまぶしさを感じる人や暗くなると見えにくいと訴える人もいます。
濁りが水晶体の中に点在している人は、光が乱反射するため、まぶしさを感じます。
また、暗くなると瞳孔が開き、虹彩の下に隠れていた濁りが現れるために見えにくくなります。



 

関連ページ

目の構造
目の構造について。白内障の症状を理解するためにも目の構造を知っておきましょう。目の構造について分かりやすく解説しています。
水晶体の構造
水晶体とは虹彩の奥にある凸レンズです。血管も神経もない透明な組織です。水晶体の構造について分かりやすく解説しています。
水晶体の機能
目の水晶体にはどんな機能があるのでしょうか。もっとも重要な働きがピント調節です。機能の水晶体について分かりやすく解説しています。
白内障と水晶体の関係
水晶体の役割や水晶体の変化が白内障を引き起こします。白内障と水晶体の関係について分かりやすく解説しています。
白内障の発症率
白内障はある程度の年齢になれば、ほぼ全員がかかる病気です。白内障で視力が落ちても、手術で視力を回復することができます。白内障の発症率について分かりやすく解説しています。
白内障の進行
白内障が進行すると。進行の速さには個人差があり本人が生活に支障を感じたら手術に踏み切ります。白内障の進行の症状について分かりやすく解説しています。
白内障の進行段階
白内障の進行は一般的に4つの段階に分類されます。白内障の進行段階について分かりやすく解説しています。
白内障の種類
白内障は発症の時期で先天性と後天性に分かれます。また、原因によって白内障をさまざまな種類に分けることもできます。白内障の種類について分かりやすく解説しています。