水晶体の機能

 
スポンサードリンク

水晶体の機能

水晶体にはどんな機能があるのでしょうか?

 

まず、もっとも重要な働きがピント調節です。
毛様体の働きによって厚くなったり渾くなったりして屈折率を変え、
近くのものも遠くのものも、よく見えるようにしています。

 

2番目は、水晶体自身がレンズであるということです。
屈折力を持っています。
白内障手術で水晶体を取り去った状態では、この屈折力が失われますので、
遠視になります。
眼内レンズなどで矯正しなければなりません。

 

3番目は、水晶体は有害な紫外線や赤外線をカットしています。
水晶体が通す光は370〜800ナノメートルの波長の光で、
これ以外の波長の光は網膜に危険です。
水晶体は網膜を有害な光から守っているといえます。
逆に、紫外線をたくさん浴びると白内障になることが知られていますが、
水晶体の細胞に障害が起こるからでしょう。

 

4番目は、仕切りとしての役割です。目の中のものは常に外に出ようとしています。
水晶体がなければ硝子体が前に出てしまいます。
また、ケガなどで感染症が起こったりしても、
水晶体がそれ以上深く侵入するのをくい止めます。

 

このような役割を果たす水晶体なので、白内障手術で入れる眼内レンズは、
基本的にこれら水晶体の機能をすべてカバーできるものでなければなりません。



 

関連ページ

目の構造
目の構造について。白内障の症状を理解するためにも目の構造を知っておきましょう。目の構造について分かりやすく解説しています。
水晶体の構造
水晶体とは虹彩の奥にある凸レンズです。血管も神経もない透明な組織です。水晶体の構造について分かりやすく解説しています。
白内障と水晶体の関係
水晶体の役割や水晶体の変化が白内障を引き起こします。白内障と水晶体の関係について分かりやすく解説しています。
白内障の発症率
白内障はある程度の年齢になれば、ほぼ全員がかかる病気です。白内障で視力が落ちても、手術で視力を回復することができます。白内障の発症率について分かりやすく解説しています。
白内障の初期症状
最初は症状があまりはっきり出ず、「老眼だ」と思ってしまします。白内障の初期症状について分かりやすく解説しています。
白内障の進行
白内障が進行すると。進行の速さには個人差があり本人が生活に支障を感じたら手術に踏み切ります。白内障の進行の症状について分かりやすく解説しています。
白内障の進行段階
白内障の進行は一般的に4つの段階に分類されます。白内障の進行段階について分かりやすく解説しています。
白内障の種類
白内障は発症の時期で先天性と後天性に分かれます。また、原因によって白内障をさまざまな種類に分けることもできます。白内障の種類について分かりやすく解説しています。