白内障と水晶体の関係

 
スポンサードリンク

白内障と水晶体の関係

碁石のような形をした水晶体の横軸のもっとも長い部分を赤道部といいますが、
ここでは上皮細胞が盛んに分裂しています。
分裂してできた新しい細胞は、どんどん中心に向かって押されて
皮質線維細胞(水晶体細胞)となり、蓄積されます。

 

水晶体細胞の特徴は、まず細胞と細胞の間にすきまがないこと。
このため水晶体は透明なのです。
もうひとつは、細胞と細胞をつなぐ突起がないこと。
これは水晶体の厚みを変えるときに、動きが非常にスムーズになって好都合です。

 

水晶体細胞が、さらに中央に押されていくと、水晶体の核といわれるものになります。
外部から遮断された閉鎖空間である水晶体では、
代謝されたものはすべて内部に蓄積するほかありません。
従って水晶体の核も、年齢とともに大きく、硬くなるのです。
そのため光を屈折させる力が強くなって、高齢近視を起こしたり、
それまで通過していた青色の波長が通過できなくなったり、
いろいろな症状を起こします。
白内障も、そうしたもののひとつと考えられています。




 

関連ページ

目の構造
目の構造について。白内障の症状を理解するためにも目の構造を知っておきましょう。目の構造について分かりやすく解説しています。
水晶体の構造
水晶体とは虹彩の奥にある凸レンズです。血管も神経もない透明な組織です。水晶体の構造について分かりやすく解説しています。
水晶体の機能
目の水晶体にはどんな機能があるのでしょうか。もっとも重要な働きがピント調節です。機能の水晶体について分かりやすく解説しています。
白内障の発症率
白内障はある程度の年齢になれば、ほぼ全員がかかる病気です。白内障で視力が落ちても、手術で視力を回復することができます。白内障の発症率について分かりやすく解説しています。
白内障の初期症状
最初は症状があまりはっきり出ず、「老眼だ」と思ってしまします。白内障の初期症状について分かりやすく解説しています。
白内障の進行
白内障が進行すると。進行の速さには個人差があり本人が生活に支障を感じたら手術に踏み切ります。白内障の進行の症状について分かりやすく解説しています。
白内障の進行段階
白内障の進行は一般的に4つの段階に分類されます。白内障の進行段階について分かりやすく解説しています。
白内障の種類
白内障は発症の時期で先天性と後天性に分かれます。また、原因によって白内障をさまざまな種類に分けることもできます。白内障の種類について分かりやすく解説しています。