白内障の発症率

 
スポンサードリンク

どちらかの目が見えにくいと感じたり、左右で見え方にかなり差があると感じる場合などは、
なるべ早く眼科を訪ねましょう。
何か白内障以外の一刻を争う病気がある場合もあるからです。
大きな病院でなくとも、近所の眼科医院でも、きちんとした検査ができます。
ただしコンタクトやメガネの安売店などは眼科医がいないこともあるので、
避けたほうがよいでしょう。

 

 

白内障と診断されたら

その結果、白内障と診断されても、あわてたり、落胆する必麦はありません。
老人性白内障は、名前の通り年齢とともに増えていき、
ある程度の年齢になれば、ほぼ全員がかかる病気です。
白内障と診断されれば、ショックはあるでしょうが、老眼の次の段階と考えることもできます。
老化の一種と考えれば、よいのではないでしょうか。
また、白内障は、安全な手術で視力を回復することができます。
ひとくちに白内障といってもいくつかの種類がありますが、大半は老人性の白内障です。

 

 

白内障の発症率

40代

10〜20%

50代

60%

60代

70〜80%

70代

80〜90%

90代以上

100%

 

高齢化と共に白内障患者数は増え、1000万以上いると言われています。



 

関連ページ

目の構造
目の構造について。白内障の症状を理解するためにも目の構造を知っておきましょう。目の構造について分かりやすく解説しています。
水晶体の構造
水晶体とは虹彩の奥にある凸レンズです。血管も神経もない透明な組織です。水晶体の構造について分かりやすく解説しています。
水晶体の機能
目の水晶体にはどんな機能があるのでしょうか。もっとも重要な働きがピント調節です。機能の水晶体について分かりやすく解説しています。
白内障と水晶体の関係
水晶体の役割や水晶体の変化が白内障を引き起こします。白内障と水晶体の関係について分かりやすく解説しています。
白内障の初期症状
最初は症状があまりはっきり出ず、「老眼だ」と思ってしまします。白内障の初期症状について分かりやすく解説しています。
白内障の進行
白内障が進行すると。進行の速さには個人差があり本人が生活に支障を感じたら手術に踏み切ります。白内障の進行の症状について分かりやすく解説しています。
白内障の進行段階
白内障の進行は一般的に4つの段階に分類されます。白内障の進行段階について分かりやすく解説しています。
白内障の種類
白内障は発症の時期で先天性と後天性に分かれます。また、原因によって白内障をさまざまな種類に分けることもできます。白内障の種類について分かりやすく解説しています。