フィンペシアに耐性が付いて効かなくなる!?

「フィンペシアを飲み始めて数ヶ月間は、髪が増えたが、その後、悪化した。」
「使い出して2年過ぎたころから、あまり進展がない。」
「フィンペシアを飲んでいるのに、だんだん髪の成長速度が遅くなり、
その後脱毛に転じてどうしたら良いのか困惑している。」
などの声をよく目にします。
あなたもそんな状況に陥ってないでしょうか?

 

もしかしてこれはフィンペシアの耐性によるものなのでは!?」と
思う人もいるでしょう。
「耐性」とは、体が薬に何らかの慣れが生じ、薬が作用しにくくなること。

 

どんな薬でも長く使用していると体内にその薬対する耐性がついてしまい、
続けるほどに効果が薄くなったり、無くなると言われています。

 

フィンペシアに関しては、耐性がつくと公式に発表されているわけではありませんし、
研究や実験で明らかになっていませんが、可能性は十分に考えられます。

 

ある報告では、フィナステリドは2〜3年で効果がピークを迎え、
それ以降は6〜7割ほどに発毛量が減るとあります。

 

 

しかし、一方でフィンペシアには耐性が存在しないという声も多く聞かれます。
フィンペシアを長期に渡って服用した人の声もあります。
フィンペシア服用で耐性が付くという根拠はありません。

 

それでも3年〜5年で効かなくなる人が多くいるのは何故でしょうか!?

 

 

 

フィンペシアに耐性がないという説

ヘアサイクルが正常に戻った

フィンペシアの服用を長い間、続けたことで乱れていたヘアサイクルが
完全に正常な状態に戻ったので、
それ以降服用を続けても発毛効果が出なくなったと考える人もいます。

 

ヘアサイクルの休止期だった

また、たまたまヘアサイクルの休止期に
耐性が付いたと思ってしまう人がいるのではと言う人もいます。

 

男性ホルモンを抑制するだけなので耐性はない

フィンペシアは、男性ホルモンの作用を抑制することで
ヘアサイクルを延長させる作用があります。
つまり薄毛の進行に対し、原因物質を抑えることで毛髪を維持しようとする薬です。

 

男性ホルモンをブロックするという効果を考えるとフィンペシアに関しては、
耐性は考えにくいと言う人もいます。

 

 

フィンペシアに耐性が付いたと感じたら

耐性がないことも証明はされていません。

 

もしフィンペシアの効き目がなくなってきてると感じたら

 

■服用頻度をかえてみる
毎日の服用を2日に1回とか3日に1回とかに頻度を下げてみる。
すると耐性がつきにくくなるとい言われている。

 

■別の育毛剤に切り替える
別の育毛剤を使うことで発毛を促進する。
しばらくしたらフィンペシアに戻してもよい。

 

■別の育毛剤を併用する
ミノキシジルタブレットやポラリスなどを併用することで発毛を促す。
相乗効果も期待できます。

 

 

耐性が付いてたと感じて、摂取量を増やすのは危険です。
たくさん摂取すれば育毛効果が上がるというものでもありません。

 

また、一定期間使用を中止する方法で耐性を回避しようとする人もいますが、
使用を中止すると今までに生えてた毛が抜けることになります。


 

おススメフィンペシアショップ

★オオサカ堂
フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mg
複数注文割引。ミノキシジルのセットで買うならここ。全国送料無料。

★くすりエクスプレス
くすりエクスプレス
100%正規品保障。期間限定セールやまとめ買いもお得!送料無料。

★ベストケンコー
ベストケンコーで海外正規医薬品を格安個人輸入
アジア最大級の品揃えを誇る医薬品通信販売(個人輸入代行サービス)。送料無料!