フィンペシアとプロペシアの違い

 

フィンペシアとプロペシアの違い

成分も効果もほぼ同等

フィンペシアとは、AGA(男性型脱毛症)の治療に用いられる医薬品『プロペシア』のジェネリック医薬品
ジェネリック医薬品とは、成分や効果はほぼ同等ながら名前と製造メーカーが異なる後発品のこと。

 

フィンペシアもプロペシアも主成分は「フィナステリド」。
どちらもAGAの主原因とされる『ジヒドロテストステロン(DHT)』の生成を抑制し、抜け毛を予防する効力があります。
男性型脱毛症治療に対し、非常に高い効果(抜け毛予防/発毛/育毛)があるとして注目を浴びています。

 

プロペシアは米国メルク社製、フィンペシアはインドシプラ社製。
基本的に成分が同じならばどちらを服用しても効果は同じはずです。

 

正確にはジェネリック医薬品ではない

正確に言うと、フィンペシアはプロペシアの正式なジェネリック医薬品ではありません。

 

開発された医薬品には一定期間の特許があり、この特許が有効なうちは、同様の医薬品を作ることは法律で禁じられています。
プロペシア、この特許がまだ有効なので、プロペシアのジェネリック医薬品は製造することができない状態にあります。

 

しかし、インドでは2005年までは医療品を含む化学品に物質特許が付与されませんでした。
そこでプロペシアの主成分『フィナステリド』を使用した別名の医薬品を作ることが可能なのです。
つまり、インドでは『プロペシアのジェネリック』を作ることは違法ではないのです。

 

プロペシアのジェネリック医薬品ではないのですが、『別名である』『効果がほぼ同じ』『先発品より安価』という意味では、プロペシアのジェネリック医薬品であると言うことができるでしょう。

 

フィンペシアは日本では販売されていない

プロペシアは、厚生労働省の認可を受けて、日本国内での販売が可能です。
は医師の処方が必要で、健康保険適用外の医薬品という位置づけです。

 

プロペシアは病院から処方してもらえるので安心感を抱く人も多い反面、わざわざ病院まで足を運ぶのが面倒、忙しい、恥ずかしい、といった声も多いです。

 

 

一方、フィンペシアは、日本で正式に許可を受けていないので、医療機関で処方を受けることは不可能です。
海外で実績のある育毛剤もなかなか日本では許可されません。

 

認可されるまでの間、フィンペシアは海外から調達する必要があるのです。
日本国内で販売されていない商品を購入するには、個人輸入代行業者の利用が便利です。
個人輸入代行業者は、製品の受注から決済、通関、配送などの手続きを行ってくれます。

 

価格の違い

男性型脱毛症の治療には相当の期間が必要となります。
最低でも半年以上必要とされるため、飲み続ける期間が長くなる以上、経済的な負担がどのぐらいになるかは、利用者にとって大きなこと。

 

プロペシアが1錠あたり250円〜300円程度であるのに対し、フィンペシアは1錠あたり100円以下と、安価で済むところに最大のメリットがあります。

 

おススメフィンペシアショップ

★オオサカ堂
https://osakado.cool/
複数注文割引。ミノキシジルのセットで買うならここ。全国送料無料。

★くすりエクスプレス
http://www.kusuriexpress.net/
100%正規品保障。期間限定セールやまとめ買いもお得!送料無料。

★ベストケンコー
http://www.bestkenko.com/
アジア最大級の品揃えを誇る医薬品通信販売(個人輸入代行サービス)。送料無料!