蕁麻疹(じんましん) 症状と対策

 
スポンサーリンク

蕁麻疹(じんましん)の対策・体質改善

体のいろいろなところに湿疹ができてかゆみがたまらない皮膚の病気です。
ほとんど軽い症状で済みますが、まれに重篤になることもあります。
だれでも一度はなったことがあるのではないでしょうか!?
どんな原因・症状・対策があるのでしょうか!?

蕁麻疹(じんましん)とは?

じんましんは皮膚の浅い層に、大小様々な部分的な湿疹・むくみが現われ、強いかゆみを伴う症状のことです。最初に蚊に刺されたような赤いふくらみがポツッとしたものですが、徐々に広がって体のあらゆるところに出てきたりします。非常に強い痒みが出て辛いですが、やがて跡形もなく消えてしまうのが特徴です。むくみは数分...

≫続きを読む

 

蕁麻疹(じんましん)の症状とは?

蚊に刺されたときのように、皮膚が部分的に赤く腫れてとてもかゆくなり、数時間あるいは一日以内にその赤い腫れが引いて、うそのように消えてしまいます。消えたかと思うと、しばらくしてまたかゆくなり、同じような腫れが繰り返し出てきます。そして、こすったり、掻いたりすると、その分どんどん広がって、ますますかゆく...

≫続きを読む

 

蕁麻疹(じんましん)の原因は何なのか徹底解明!?

じんましんはアレルギー体質の人が起こりやすかったり、アレルギー反応の一種でできるといわれています。実際、アレルギーは原因の1つだけとも言えず、多様でよくわからないこともあります。刺激やストレスなどでも起きえます。アレルギー性じんましん食品の摂取ににより起こるじんましん。誘発しやすい食品には、牛乳、チ...

≫続きを読む

 

蕁麻疹(じんましん)の種類はどんだけあるの!?

蕁麻疹(じんましん)の種類として以下のようなものがあります。急性蕁麻疹:発症して1ヶ月以内のもの。慢性蕁麻疹:発症して1ヶ月以上経過したもの。原因が特定できないことが多い。機械的蕁麻疹:機械的擦過や圧迫、寒冷、温熱、日光、振動などといった物理的刺激により起こる。コリン性蕁麻疹:入浴や運動などで汗をか...

≫続きを読む

 

蕁麻疹(じんましん)の予防に何をすべきか知っておこう!

蕁麻疹(じんましん)の予防には発症する原因を知ることが最良の対策になります。そのためにも皮膚科の専門医の診察を受け、丁寧に調べてもらうことが必要です。原因さえ判明すれば、避けることで大概のじんましんは防ぐことができます。全ての蕁麻疹の共通の予防法として、生活リズムを整える。食べ物には神経質にならない...

≫続きを読む

 

蕁麻疹(じんましん)の治療では何をするのか知っておいた方が良いに決まっている

蕁麻疹(じんましん)の治療一般的な治療法は、抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤を内服することが効果的です。蕁麻疹にはいろいろな種類がありますが、ほとんどの場合、ヒスタミンが血管や神経に作用することで症状が現れます。このヒスタミンの働きを抑えるために抗ヒスタミン薬や抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬が治...

≫続きを読む

 

コリン性蕁麻疹の原因・症状・治療

コリン性蕁麻疹(じんましん)は精神的ストレス・運動・発汗などが原因で発症する蕁麻疹(じんましん)です。大きさは1~2mmと小さいのが普通です。かゆみ、あるいはピリピリとした痛みを訴えることもあります。場合によっては、腹痛、下痢、低血圧なども伴います。全身に発症し、中でも腕に現れやすいのですが、手には...

≫続きを読む

 

アレルギー性蕁麻疹の原因・症状・治療

アレルギーの原因物質に反応して起こる蕁麻疹のことです。病院でアレルギー性蕁麻疹と診断される人は、1割未満とあまりいません。重症化すると命の危険もあるというアレルギー性蕁麻疹。アレルギー性蕁麻疹の症状症状としては、特有のものはなく、すべての蕁麻疹と同様です。・はっきりした円形のぶつぶつやまだら模様の赤...

≫続きを読む

 

寒冷蕁麻疹の原因・症状・治療

寒冷蕁麻疹(かんれいじんましん)は、皮膚が冷えることにより発症するじんましんです。症状が悪化せずに良くなる場合もありますが、悪化することもあります。寒冷蕁麻疹の症状小さい膨疹(ぼうしん)が現れ、赤くなり強いかゆみが生じます。膨疹(ぼうしん)は、全身が冷えて全身に現れる場合と局所的に冷えて局所に現れる...

≫続きを読む

 

温熱蕁麻疹の原因・症状・治療

温熱蕁麻疹(おんねつじんましん)は急激に温かい刺激を受けるとできるじんましんです。体温の上昇がじんましんの原因ですので入浴後や運動後に起こりやすくなります。温まった皮膚にかゆみをともなった発疹(膨らみのない)が出たりします。温熱じんましんは判別が難しく、他の原因で発症したじんましんでも体が温かくなっ...

≫続きを読む

 

人工蕁麻疹の原因・症状・治療

外部から機械的な圧迫や摩擦の刺激で発症するものを人工蕁麻疹(じんましん)といいます。機械的蕁麻疹とも呼びます。人工蕁麻疹の症状機械的な刺激を受けた部分に赤いミミズ腫れ状の症状が現れます。健康な人は少し赤くる程度ですが、人工じんましん患者の場合は真っ赤に腫れ上がります。かゆみや痛みは比較的少なく、早け...

≫続きを読む

 

色素性蕁麻疹(じんましん)の原因・症状・治療

色素性蕁麻疹は、皮膚に肥満細胞の数が過剰に増えることで発症するじんましんです。色素性蕁麻疹(しきそせいじんましん)の症状は褐色調の色素斑で、擦るとと赤くみみず腫れを起こし痒くなります。幼児型は成年までに治癒する場合が多く、成人型は難治性です。原因は不明ですが、母斑説、虫刺されのアレルギー、薬剤アレル...

≫続きを読む

 

心因性蕁麻疹の原因・症状・治療

心因性蕁麻疹(じんましん)は心の病が原因で発症するじんましんです。心因性蕁麻疹の症状精神的負担があると皮膚に肌荒れや湿疹などの変化が現れることがあります。ストレスを感じるたびに発疹が出現して、赤い膨らみとかゆみを伴う場合、「心因性じんましん」が考えられます。この状態を放置しても自然に治まる可能性は高...

≫続きを読む

 

日光蕁麻疹の原因・症状・治療

日光蕁麻疹(じんましん)は太陽に直接当たり、その部分がかゆくなる蕁麻疹(じんましん)です。日光蕁麻疹の症状皮膚の赤味、腫れ、かゆみを伴う症状です。放っておけば、改善することもあるし、悪化することもあります。通常、数分ではピークに達し、1~2時間は続きます。特に4~9月は太陽光線が強いので発症しやすく...

≫続きを読む

 

固定蕁麻疹の原因・症状・治療

固定蕁麻疹(こていじんましん)とは虫刺されなどのあとに表皮が増殖してイボ状となり激しいかゆみがあります。ブユなどに刺された後、掻いているうちに大豆ほどの大きさのしこりとなり、灰褐色で、おもに青少年の下肢にでき、翌年まで続くことがあります。治癒後も瘢痕、色素沈着、色素脱出を残す場合もあります。

≫続きを読む

 

蕁麻疹(じんましん)になったらどんな薬を使う!?

蕁麻疹になって病院に行くと通常は薬が処方されます。どんな薬でしょうか?一般的に使う薬は、抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬を内服する治療がメインで効果的です。薬を飲むと大部分の人は数日で症状が治まります。激しいかゆみがあって我慢できないなど症状が強い場合には、ステロイド剤を使うこともあります。抗ヒスタミ...

≫続きを読む

 

妊娠中に蕁麻疹(じんましん)になったらどんな薬を使う!?

妊娠中でも同じように蕁麻疹になります。むしろ妊娠中は体質が変化し、ストレスや疲れも溜まりやすく、免疫力も低下することで些細な刺激でも蕁麻疹を発症してしまうこともあります。また妊娠中にホルモンバランスの変化の影響で起こる「妊娠性痒疹」という蕁麻疹もあります。これは特に妊娠中期から後期にかけて起こりやす...

≫続きを読む

 

出産後の蕁麻疹の原因・症状・治療

出産後に蕁麻疹(じんましん)で悩む方がいます。産後は蕁麻疹が起こりやすい蕁麻疹は体調を崩した後とか、過労、睡眠不足、ストレスなどがあると起こりやすいものです。産後の女性は、ホルモンバランスの急激な変化に加え、その後の育児からくる睡眠不足や疲労、ストレスなどが蓄積しており、蕁麻疹の症状が出やすい状態に...

≫続きを読む

 

赤ちゃんの蕁麻疹の原因・症状・治療

蕁麻疹(じんましん)は赤ちゃんにはあまり出ないようです。2歳以上の子供に多く発症する病気です。大小さまざまの「蚊に刺されたようなプクッとした腫れ」が、体の柔らかいところを中心にでき、とてもかゆがります。じんましんは、突然あらわれ、数分~数日で消えます。食べ物や薬のほか、小さい子では風邪などの感染症、...

≫続きを読む

 

ストレスによる蕁麻疹の症状・治療

ストレスにより蕁麻疹(じんましん)が引き起こされる場合があります。1か月以上続いている蕁麻疹を「慢性蕁麻疹」と言いますが、慢性蕁麻疹ではアレルギー以外の「心身のストレス」が原因で起こることが多いようです。慢性蕁麻疹を患っている人には自覚しないストレス状態にあることが多いことや、ストレスに対して内向的...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク