花粉症 症状と対策

 
スポンサーリンク

花粉症の対策・体質改善

植物の花粉が原因でくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどやっかいな症状をもたらします。
しかも多くの人が悩まされています。
どんな原因・症状・対策があるのでしょうか!?

花粉症とは?その実態に迫る!

花粉症とは、花粉によって起こるアレルギー。アレルギーの病気の一つであり、植物の花粉が、鼻、目、のど等の粘膜に接触することでくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が出る状態を指します。主なアレルゲン(原因物質)は、スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなどの花粉。日...

≫続きを読む

 

花粉症の症状って辛いの?徹底解明!

花粉症の症状はくしゃみ・鼻みず・鼻づまりなどの鼻の症状だけでなく、目の症状(かゆみ、なみだ、充血など)を伴う場合が多いです。その他にノドのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。一見普通の風邪の症状と似ていて、花粉症だと気がつかないことがあります。風邪と違って花粉症...

≫続きを読む

 

花粉症の原因は何でしょうか?徹底解明!

花粉症はアレルギーの一種。普通の人には何でもない物質をある人にとっては、異物と認識してしまい過剰に反応してしまのがアレルギーです。花粉症は、体に侵入した花粉を敵と認めて反応してしまう過敏な体質の人に起こるのです。花粉症の原因植物花粉症の原因となる植物は現在国内で約50種類以上あるといわれています。原...

≫続きを読む

 

花粉症の原因となる植物の種類

花粉症の原因となる植物はさまざまです。代表的なものはスギ。花粉症になる人の8割はスギ花粉症なのです。スギ以外にも原因となる花粉にはカモガヤなどのイネ科の雑草、ブタクサ、ヨモギといったキク科の雑草などがあり、現在、日本では約60種類の花粉が花粉症の原因として報告されています。当然、地域でも季節でも飛ぶ...

≫続きを読む

 

花粉症になる時期はいつ?

花粉が飛ぶ時期が分かれば、いつ花粉症になるか分かります。逆に花粉症になる時期からどの植物が原因なのかがある程度分かるかもしれません。春に花粉を飛ばすのはスギだけで、イネは夏、ブタクサは秋がシーズンです。当然、植物の種類や地域でまったく違ってきます。自分が住んでいる地域の代表的な植物、または自分のアレ...

≫続きを読む

 

つくしのエキスが花粉症に効果的!?

つくし(土筆)から抽出したエキスに抗アレルギー物質があり、スギ花粉症に効果的であるという報告があります。日本大学が「つくし」の抗アレルギー効果を調べた結果、アレルゲンであるヒスタミンンやロイコトリエンの遊離を抑える作用があるとのことです。また、つくしのアルコールエキスには、フラボノイド類やコハク酸な...

≫続きを読む

 

ヒノキ花粉症の発症時期と対策

スギ花粉の飛散が終わっても花粉症の症状が続く人は、もしかしてヒノキ花粉症にもなっている可能性が高いです。スギの花粉症が続いているだけと思ってヒノキ花粉症に気付かないままの人も多いようです。スギ花粉の飛散が終わるころにヒノキ花粉が飛散します。両方の症状がある人は、結果的により長い間、花粉症で苦しむこと...

≫続きを読む

 

ブタクサ花粉症の発症時期と対策

夏の終わりごろから秋の時期にかけて鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの症状が現れる人は、ブタクサによる花粉症が疑われます。ブタクサはスギ・イネと並んで花粉症の代表と言われています。よく夏風邪と間違われやすいので注意しましょう。ブタクサの花粉は、8月から10月にかけて飛散のピークの時期をむかえます。この時...

≫続きを読む

 

黄砂が花粉症を悪化させる!?

黄砂そのものは砂なのでアレルゲンにはなりません。でも黄砂が花粉に付いたり、花粉と一緒に黄砂を吸い込むと花粉症が悪化すると言われています。黄砂が花粉症を悪化黄砂がアレルギーを引き起こすのではなく、黄砂によってアレルギーが悪化すると考える方が良いかと思います。スギ花粉は春先に飛散します。黄砂はゴビ砂漠な...

≫続きを読む

 

頭痛の原因が花粉症なんてことある!?

頭痛の原因が花粉症だなんて思いもしないでしょう。花粉の季節に頭痛の症状があるなら念のため花粉症が原因ということも疑われます。特に鼻のアレルギーがひどい上に頭痛があるなら要注意です。花粉症による頭痛の原因花粉症から起こる頭痛の原因は大きく3つあります。ひとつは、鼻詰まりからくる脳への酸素供給不足、2つ...

≫続きを読む

 

花粉症の治療はどう行うの!?

花粉症の治療はさまざまな方法があります。それぞれ症状に合わせて自分に最適な治療を医師と相談の上見つけましょう。薬物療法抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤、点鼻薬などによる治療です。現在はいろいろな種類の薬があります。医師の診断の元、処方してもらった薬を服用することで症状を軽減するのが狙い。もし効果が感じ...

≫続きを読む

 

花粉症の対策はどうすれば良いでしょうか!?

花粉症の治療は大きく分けて5つあります。(1)抗原の回避・除去、一般療法(2)薬物療法(3)抗原特異的免疫療法(減感作療法)(4)手術療法(5)その他一般に花粉症対策として花粉が飛び始める前から、お医者さんで「花粉症の薬」を処方してもらい、花粉シーズン中のアレルギー症状を軽減する治療法です。また、薬...

≫続きを読む

 

花粉症の治療に使われる薬は何?

花粉症の薬には、主に以下のような種類があります。【抗アレルギー薬】主に内服薬の他、点鼻薬、点眼薬があります。 比較的副作用が少なく安全性が高く、効果が現れるまで約2週間ほどかかりますので、花粉が飛び始める前から服用するのがよいでしょう。花粉期間中も服用する薬です。主な薬にはアゼプチン、アレロック、セ...

≫続きを読む

 

花粉症薬クラリチンの効果はいかに!?

クラリチン(ロラタジン)は花粉症対策の抗ヒスタミン剤。アレルギーに関連があるヒスタミンの受容体をブロックすることでアレルギー性鼻炎、じんましん、皮膚のかゆみなどの症状の改善に効果が期待できます。例えば鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどで悩む人は試してみると良いでしょう。服用後1~3時間後に効果が現われ始...

≫続きを読む

 

妊娠しても使える花粉症の薬はあるの!?

妊婦しているときに花粉症に悩まされたら使える薬はあるのでしょうか?症状がひどいなら無理せず、まずはかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。妊娠中でも服用できる薬はあります。妊娠中は薬の服用に慎重になる必要があります。特に妊娠初期は胎児への影響が出やすいため要注意です。「鼻アレルギー診療ガイドライン」...

≫続きを読む

 

花粉症治療に使われる注射の正体と効果

花粉症の治療に注射する方法があります。その注射には、ステロイド注射・アレルゲン注射・ヒスタミン注射の3種類があり、それぞれ目的・効果・副作用が異なります。ステロイド注射1回の注射で1ヶ月~3ヶ月くらは症状の緩和を感られるでしょう。注射の回数はひとシーズンで1回、多くても2、3回の注射をします。注射の...

≫続きを読む

 

花粉症のレーザー治療って!?

レーザー治療により鼻炎の症状改善が期待できます。鼻の中の粘膜を凝固して変性させることでよりアレルギー症状を緩和させる治療です。粘膜下固有筋層にはヒスタミンを感知する知覚神経があるので、くしゃみや鼻汁の症状が改善するのです。しかし数ヶ月で粘膜は再生するので花粉症が完治するわけではありません。シーズン前...

≫続きを読む

 

花粉症を徹底的に予防する方法

花粉症は毎年やってきます。完治するまでは極力を症状を悪化させたくありませんよね。そこで花粉症が悪化しないよう予防する方法を知っておきましょう。薬で花粉症を予防的に軽減する花粉症の季節に症状がひどくなってから病院へ行き、薬を飲み始める人が多いです。しかし実は、花粉が飛び始める前に予防的に薬を飲めば、症...

≫続きを読む

 

花粉症の対策に『ふき』が効果的!?

フキは栄養価が高い食品ですが、特に抗酸化成分が注目されています。それはフキノール酸というポリフェノールが含まれていてこれが強い抗酸化作用を発揮し、花粉症に効く言われています。花粉症のアレルギー反応は体が弱っている時に過剰に起こりがちです。ふきのポリフェノールは、体の免疫機能を正常に保つために有効なの...

≫続きを読む

 

花粉症の対策に『ヨーグルト』が効果的!?

ヨーグルトは花粉症の症状を緩和すると言われています。その効果や摂取方法について解説します。アレルギーは、異物と戦う免疫細胞のバランスが乱れることで起こります。免疫細胞にはTh1細胞とTh2細胞の2種類あり、花粉症の人は、Th2細胞の方が多くなっています。Th2細胞が多い原因は、食生活の乱れや腸内環境...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク