アレルギーの病気 症状と対策

 
スポンサーリンク

アレルギーの症状と対策を解明

アレルギーの症状や対策について種類別に解説しています。

アレルギー性鼻炎の症状と対策

アレルギー性鼻炎の症状は風邪を引いていないのにくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどを起こす鼻の疾患です。朝夕に発作的に起こることが多いのが特徴です。ある特定の原因物質(抗原)に対する抗体が体の中で合成された後、再びその抗原にさらされたとき(鼻からその抗原を吸い込んだとき)、アレルギー性鼻炎の症状が生じます。...

≫続きを読む

 

アレルギー性結膜炎の症状と対策

アレルギー性結膜炎は、結膜の充血、流涙、かゆみなどアレルギー反応でおこる目の病気の一つ。結膜は、上下のまぶたの裏側と白目の表面をおおっている半透明の膜。ここに炎症が起こって充血やかゆみ、目やにが出てるといった症状を起こすのが「結膜炎」です。花粉などによる特定の季節にのみ症状があらわれるものを季節性ア...

≫続きを読む

 

アレルギー喘息の症状と対策

アレルギー喘息も一般的な喘息と同じように発作性の呼吸困難といった症状がでる病気。小児喘息をそのまま持ち越して成人喘息が発症するケースや成人になって再発するケースよりも成人になったあとに発症するケースのほうが圧倒的に多いとされています。喘息は、もちろん免疫システムがアレルゲンに反応して発作などがおこる...

≫続きを読む

 

アレルギー性気管支炎の症状と対策

アレルギー気管支炎の症状は咳が出る上に胸の痛みやぜいぜいと喘鳴の症状が現れます。高熱が出ることもあります。咳は、最初コンコンと乾いた咳で次第にゴホゴホと湿った感じの咳になります。咳は長引くこともあります。熱は39度近くの高熱が出る場合もありますが、通常、2~3日でおさまります。早朝や就寝直後など温度...

≫続きを読む

 

アレルギー性肉芽腫性血管炎の症状と対策

アレルギー性肉芽腫性血管炎(アレルギーせいにくげしゅせいけっかんえん)とは、全身の動脈に壊死性血管炎を生じる病気。でチャーグ・ストラウス症候群とも呼ばれています。気管支喘息やアレルギー性鼻炎などの症状がまず起こります。その後、発熱などの症状とともに多発性単神経炎により下肢あるいは上肢の知覚障害(主に...

≫続きを読む

 

アレルギー性皮膚炎の症状と対策

アレルギー性皮膚炎はアレルギー性炎症によって発症する湿疹皮膚炎を意味し、その代表的疾患が「接触皮膚炎」や「アトピー性皮膚炎」です。例えば、アレルギー性接触皮膚炎はその名の通り何かに接触して生じる湿疹です。一般的にかぶれなどと呼ばれている症状です。症状を引き起こす原因となる物はいたるところに存在してい...

≫続きを読む

 

アレルギー性紫斑病の症状と対策

アレルギー性紫斑病とは、別名、ヘノッホ‐シェーンライン紫斑病とも呼ばれ、独特な皮疹が表れ、関節痛や関節炎、痙攣、脳出血、肺出血、精巣の腫脹といったように、血管が炎症を起こして血液が漏れる病気です。主に3~10歳の小児に起こる全身性血管炎の中では最も多い病気であるといえます。男児がやや多い傾向がありま...

≫続きを読む

 

アレルギーによるかゆみの原因・対策は!?

アレルギーによって生じる疾患は身体の色々な臓器に現れますが、皮膚にアレルギーが起こることはよくあります。皮膚に起こるアレルギー症状としては、炎症やかぶれ、湿疹などがあります。皮膚のかゆみの原因はさまざまあります。主な皮膚疾患じんましん皮膚の赤みと盛り上がりが特徴的なかゆみの強い皮膚疾患アトピー性皮膚...

≫続きを読む

 

アレルギーによる咳の症状と対策

咳が続く場合、さまざまな原因が考えられます。主な病名としてかぜ、急性肺炎、気管支喘息、気道異物、細気管支炎、胸膜炎、咳喘息、後鼻漏症候群、副鼻腔気管支症候群、肺がん、肺結核、アトピー咳嗽、COPD、間質性肺炎、薬剤性咳嗽などさまざまあります。咳が続いたら安易に考えず、必ず医師の診察を受けるようにしま...

≫続きを読む

 

アレルギーによる湿疹の症状と対策

アレルギー性皮膚炎などは、かぶれ、湿疹などの症状がみられます。皮膚に湿疹ができる要因はさまざまあります。主な皮膚疾患じんましん皮膚の赤みと盛り上がりが特徴的なかゆみの強い皮膚疾患アトピー性皮膚炎かゆみの強い湿疹を繰り返し、治りにくい皮膚疾患接触皮膚炎何らかの原因物質が皮膚にさわり、炎症が起こる皮膚疾...

≫続きを読む

 

皮膚のアレルギーの症状と治療

アレルギーによって生じる疾患は、皮膚に起こることもあります。例えば、かぶれ、湿疹などの症状が現れます。アレルギーにより皮膚に症状が現れる主な病気としてじんましん・アトピー性皮膚炎・接触皮膚炎・皮脂欠乏症湿疹・虫による皮膚炎などが考えられます。それぞれ原因は違いますが、何れも皮膚に炎症が起こります。主...

≫続きを読む

 

アレルギーを特定するための検査は何をする

アレルギーの治療をするためには、まず何がアレルギーを引き起こしているのかその原因物質を特定するのが先決です。アレルゲンが分かれば、正しい治療が行えます。ここではアレルゲンを特定するための検査方法を紹介します。血液検査一般的には、まず血液検査をおこないます。血液中のIgE抗体と好酸球の数値を調べるのも...

≫続きを読む

 

アレルギーにならないように予防する方法

アレルギーにならないようにするには「アレルゲンに接触しない」、「アレルギーにならない体質改善」をすることが大きなポイントです。アレルゲンに接触しないアレルギーを予防するのに大切なことは、アレルゲンに接触する機会をできるだけ少なくすることです。アレルゲンは人それぞれで異なりますのでまずはアレルギーの原...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク