アレルギーについて

 
スポンサーリンク

アレルギーについて

アレルギーの症状や原因・引き起こしやすい物質などの解説をしています。

アレルギーとは一体どんな病気!?

アレルギーとは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こることをいいます。免疫反応は、生体にとって不可欠な生理機能で本来、人の体を守る働きをしますが、ときに過剰に反応し、さまざまな症状を引き起こしてしまう現象がアレルギーです。人間は体内に入ってきた異物(細菌やウイルス)に対して免疫は抗体を作って対抗し...

≫続きを読む

 

アレルギーの病気の一覧

アレルギーという病気は、『アレルギー疾患』と呼ばれ、外部からの抗原に対し免疫反応が起こる疾患のこと。別名、アレルギー性疾患とも言います。通常その原因となる抗原は無害であることが多い。例えば花粉も抗原になりえますが、毒性を持っているわけではありません。アレルギーの病気はさまざまあります。それぞれどんな...

≫続きを読む

 

アレルギーの症状

抗原が侵入し、肥満細胞上のIgE抗体と抗原とが結合すると細胞内部にシグナルが伝えられ、細胞が活性化し、次々と反応を起こします。化学伝達物質が気管支に作用すれば、気管支平滑筋が収縮し、粘膜の腫れ、痰の分泌などによって気道が狭くなり喘息発作を起こします。皮膚に作用すると炎症や腫れ、かゆみが起き、じんまし...

≫続きを読む

 

アレルギー症状の原因を把握することが治療の近道

人には細菌やウイルス、あるいは様々な異物の侵入に対して、それを処理し、防御物を作って一度目の侵入は許しても再度の侵入を防ぐ能力が備わっており、これを免疫反応といいます。体に侵入してくる異物を抗原と呼び、それに対する防御物を抗体と呼んで、抗体は抗原を迎え撃って中和したり、結合して補体の助けを借りて破壊...

≫続きを読む

 

アレルギー反応を引き起こす原因物質一覧

アレルギー反応をおこす物質は侵入形式によって大きく3種に分けられます。この原因物質をアレルゲンまたは抗原とも呼びます。吸入性抗原空気中に存在し、呼吸によって体内に入ってくるもの。花粉オオアワガエリ、カモガヤ、ホソムギ、ハルガヤ、ススメノテッポウ、オオムギ、トウモロコシ、ブタクサ、ヨモギ、クワモドキ、...

≫続きを読む

 

アレルギーになりやすい体質とは?

人間には外部から侵入してくるウイルスなどの異物に対して抗体を作り、異物を排除する働きがあります。これは正常な免疫反応で体にとって有益な作用です。しかし、体にとって不都合な免疫反応を起こすことがあります。これがアレルギー反応です。アレルギーになりやすい体質とは、ダニやスギ花粉などのアレルギー原因物質に...

≫続きを読む

 

アレルゲンとは?

アレルゲンとはアレルギー反応を起こす物質のこと。抗原(こうげん)とも同じ意味。どの物質がアレルゲンになるかは人によってまったく異なります。例えば、スギの花粉がアレルゲンになる人もいますし、ならない人もいます。多くの人が普通に食べている卵がアレルゲンになる人もいます。現在、数百種類のアレルゲンがあると...

≫続きを読む

 

吸入性アレルゲンが引き起こす病気

吸入性のアレルゲンは、空気中で漂っていて人が呼吸することで体内に吸い込んでしまうアレルーギの原因物質です。吸入性抗原ともいいます。スギの花粉やダニの死骸などが代表的な物質です。アレルギー性鼻炎や気管支喘息、アトピー性皮膚炎の原因となります。吸入性アレルゲンの代表物質ハウスダストハウスダストは、寝具・...

≫続きを読む

 

植物性アレルゲンが引き起こす病気

植物性のアレルゲンは、スギやヒノキなどの植物の花粉になります。これらの花粉は空気中を浮遊し、鼻や気管支に侵入します。そして多くの場合、花粉症を引き起こします。代用的な花粉症の症状がアレルギー性鼻炎などです。また気管支喘息やまたアトピー性皮膚炎を発症することもあります。代用的な植物性アレルゲンスギヒノ...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク