花粉症の予防方法

 
スポンサーリンク

花粉症は予防できる!?

花粉症は毎年やってきます。
完治するまでは極力を症状を悪化させたくありませんよね。

 

そこで花粉症が悪化しないよう予防する方法を知っておきましょう。

 

 

薬で花粉症を予防的に軽減する

花粉症の季節に症状がひどくなってから病院へ行き、薬を飲み始める人が多いです。
しかし実は、花粉が飛び始める前に予防的に薬を飲めば、症状を軽減させることができるのです。
時期は花粉を飛び始める2週間ほど前から薬を飲めば、効果的です。

 

例えば、抗ヒスタミン薬と抗アレルギー薬。
花粉のアレルゲンが肥満細胞から出るヒスタミンと反応してくしゃみや鼻水などのアレルギーを引き起こします。

 

抗ヒスタミン薬は、このヒスタミンの発生を抑え、アレルゲンと結合しないように直接ブロックする働きをします。
一方、抗アレルギー薬は、ヒスタミンの発生と放出を抑えることによりアレルギー症状を誘発する物質が放出されるのを抑える働きをします。
ヒスタミンの発生そのものを抑えるので予防的効果が期待出来ます。

 

花粉の飛び始める2週間くらい前から飲み始め、シーズン中は切らさずのみ続けるようにします。
それほど強力な薬ではありませんが、副作用が少ないのが特徴。
症状の軽い人であれば抗アレルギー薬のみでも症状が軽くなることが十分期待できます。

 

他に抗ロイコトリエン薬などが使われます。

 

 

花粉を体内に取り込まない

薬を使った治療を行っていても原因となる花粉は浮遊しています。
症状の悪化を防ぐためには、花粉を出来るだけ避けるように日常生活で工夫することが大切です。

 

1.外出時には、花粉用のマスクやめがね、また帽子などを着用する
2.花粉が付着しにくい衣服を着用する(表面がつるつるの素材)
3.外出からの帰宅時には衣服の花粉をしっかり払って家に入る
4.手洗いや洗顔、うがい、鼻洗浄をする
5.花粉が家に侵入しないよう窓や戸はしっかり閉める
6.布団や洗濯物は外に干さない
7.部屋や布団はこまめに掃除する
8.空気清浄機を活用する
9.花粉情報をチェックする
10.花粉が多い日は外出しない
11.花粉がない地域に移住する

 

 

体質改善で花粉に強くなる

花粉症の症状を和らげると言われる食材があります。

 

ヨーグルト・味噌

乳酸菌を含む食品は、腸内の細菌バランスを改善して免疫力を高めるとされます。
つまりアレルギーを抑制する作用が期待できると言われています。

 

他に納豆、醤油、ぬか漬け、酒かすといった発酵食品にも、腸内環境を整える働きがあり、花粉症に有効とされています。

 

緑茶・大豆・ワイン

ポリフェノールを含む食品は、抗酸化物質が多く、毛細血管の強化、保護、活性酵素を抑制し血流を改善します。
さらにヒスタミンなどの化学物質が放出されるのを抑制し、つらい花粉症の症状を穏やかにする効果が期待できます。

 

長ねぎ・しょうが・にんにく

これらの野菜にはポリフェノールだけでなく、免疫機能を高めてくれるビタミンやミネラル、腸内環境を整えてくれる食物繊維が豊富に含まれていす。花粉症を予防・軽減するためにも野菜を積極的に摂取するよう心がけたい。

 

あじ・さば・いわし・鯛

EPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)を含む食品は、免疫を正常にしてアレルギー症状を抑える働きがあるとされます。
アレルギー症状を引き起こすロイコトリエンと言う物質は細胞膜の脂肪酸が変化して発生する物質でEPAやDHAを多く取ることで発生を抑えることができると考えられています。

 

ローズヒップ

粘膜のアレルギー反応を防止すると言われています。

 

ルイボス

アレルギーの体質を改善するとされています。

 

疲労をためない

疲れの蓄積は副交感神経の緊張を高め、交感神経を抑圧するため、肥満細胞から花粉症の元となるヒスタミンが放出されやすくなり、症状が出やすくなります。

 

バランス良い生活

バランスの良い食事や一定のリズムがある、ストレスがない、疲労をためない生活をしましょう。
自律神経のバランスが良くなり、免疫系が正常に保たれ、過剰な反応をしないため、花粉(アレルゲン)が入ってきても花粉症の症状を軽くできることがあります。

 

刺激物を避ける

辛い食べ物やアルコールは鼻づまりをひどくするので控えたい。
また、たんぱく質のとり過ぎやたばこも鼻や眼の粘膜を刺激するので控えましょう。

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

花粉症とは
花粉症は花粉がアレルゲンとなって起こるアレルギー。特に鼻、目、のどに症状が出ます。多くの日本人が悩んでいます。
花粉症の症状
花粉症の症状はさまざま。鼻の症状(鼻水・くしゃみ・鼻づまり)に加え、目の症状(かゆみ、涙、充血)なども。他にのどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状を解説しています。
花粉症の原因
スギの植林が戦後に増えたことで近年、スギ花粉飛来が増加したことが一番大きな原因。しかし、農村部よりも都市部に多く、単純にスギ花粉の飛来量だけが原因とはいえないようです。花粉症の原因を徹底解明!
花粉症の原因となる植物
花粉症の原因となる植物はさまざまあります。最も代表的なものはスギですが、それ以外にもヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなどいろいろあります。
花粉症の時期
春に花粉を飛ばすのはスギだけでイネは夏、ブタクサは秋がシーズンです。ただ他にも花粉の種類はいろいろありますし、地域によって花粉が飛散する時期は違います。
花粉症につくしエキス
つくしから抽出したエキスに抗アレルギー物質があり、スギ花粉症にはつくしが効果的であるという報告があります。
ヒノキ花粉症
スギ花粉の飛散が終わっても花粉症の症状が続く人はヒノキ花粉の可能性があります。スギ花粉症の約60%が同時にヒノキ花粉アレルギー体質であるという報告が出ています。
ブタクサ花粉症
秋の時期に花粉症で悩む人は、まずはブタクサが原因ではないかと疑われます。ブタクサはスギ、イネと並んで花粉症の代表格といってよいでしょう。
黄砂と花粉症
黄砂そのものは砂なのでアレルゲンにはなりません。でも黄砂が花粉に付くと花粉症が悪化するらしい。その症状と対策を徹底解明!
花粉症と頭痛
花粉症も程度はさまざまで、鼻の粘膜の炎症だけであれば問題はありませんが、頭の深い部分に蓄膿を起こしているとさまざまなタイプの頭痛が出てきます。
花粉症の治療
花粉症の治療は、薬の服用や鼻スプレーの他、さまざまな方法があります。症状に合わせて自分に合った治療・症状軽減に取り組みましょう。
花粉症の対策
症状に合わせた花粉症の治療に加えてアレルゲンに接しないようさまざまな対策をしましょう。
花粉症の薬
花粉症治療に使う薬の種類はいろいろあります。自分の症状に合わせた最適な薬を処方してもらいましょう。まずはどんな薬があるか確認しましょう。
花粉症の薬クラリチン
花粉症の治療として使われる抗ヒスタミン薬のクラリチンはどの程度効果が期待できるのでしょうか!?何よりも自分の症状に合わせた最適な薬を使うことが大切です。
妊娠中の花粉症の薬
妊婦しているときに花粉症に悩まされたら使える薬はあるのでしょうか?ひどい症状なら無理せず、かかりつけの産婦人科医に相談して薬を処方してもらいましょう。妊娠中でも服用できる薬はどんなものがあるのでしょうか!?
花粉症を注射で治す
花粉症を注射で治療する場合があります。何を注射するのでしょうか?そしてその効果・副作用はどの程度あるのでしょうか?実態を徹底解明!
花粉症をレーザー治療
花粉症をレーザーで治療することがあるようです。一体どんな治療なのでしょうか?そしてその効果・副作用はどの程度あるのでしょうか?実態を徹底解明!
花粉症と「ふき」
花粉症の対策として「ふき」が良いらしい。ふきにはフキノール酸というポリフェノールが含まれていて、この強い抗酸化作用が花粉症に効くと報告されています。
花粉症と「ヨーグルト」
花粉症の対策として「ヨーグルト」が良いらしい。ヨーグルトの乳酸菌が花粉症に効くらしい。なぜ乳酸菌が良いのでしょうか!?その効果はいかに?徹底解明!