花粉症対策

 
スポンサーリンク

花粉症の対策で行うべきこと

花粉症の治療は大きく分けて5つあります。

 

(1)抗原の回避・除去、一般療法
(2)薬物療法
(3)抗原特異的免疫療法(減感作療法)
(4)手術療法
(5)その他

 

 

一般に花粉症対策として
花粉が飛び始める前から、お医者さんで「花粉症の薬」を処方してもらい、花粉シーズン中のアレルギー症状を軽減する治療法です。
また、薬の服用を花粉シーズン中を通して続けることが必要です。

 

 

レーザー手術で鼻水、鼻づまりを抑える方法もあります。
また舌の下からアレルゲンを吸収させる舌下免疫療法が注目されています。

スポンサーリンク

 

関連ページ

花粉症とは
花粉症は花粉がアレルゲンとなって起こるアレルギー。特に鼻、目、のどに症状が出ます。多くの日本人が悩んでいます。
花粉症の症状
花粉症の症状はさまざま。鼻の症状(鼻水・くしゃみ・鼻づまり)に加え、目の症状(かゆみ、涙、充血)なども。他にのどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状を解説しています。
花粉症の原因
スギの植林が戦後に増えたことで近年、スギ花粉飛来が増加したことが一番大きな原因。しかし、農村部よりも都市部に多く、単純にスギ花粉の飛来量だけが原因とはいえないようです。花粉症の原因を徹底解明!
花粉症の原因となる植物
花粉症の原因となる植物はさまざまあります。最も代表的なものはスギですが、それ以外にもヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなどいろいろあります。
花粉症の時期
春に花粉を飛ばすのはスギだけでイネは夏、ブタクサは秋がシーズンです。ただ他にも花粉の種類はいろいろありますし、地域によって花粉が飛散する時期は違います。
花粉症につくしエキス
つくしから抽出したエキスに抗アレルギー物質があり、スギ花粉症にはつくしが効果的であるという報告があります。
ヒノキ花粉症
スギ花粉の飛散が終わっても花粉症の症状が続く人はヒノキ花粉の可能性があります。スギ花粉症の約60%が同時にヒノキ花粉アレルギー体質であるという報告が出ています。
ブタクサ花粉症
秋の時期に花粉症で悩む人は、まずはブタクサが原因ではないかと疑われます。ブタクサはスギ、イネと並んで花粉症の代表格といってよいでしょう。
黄砂と花粉症
黄砂そのものは砂なのでアレルゲンにはなりません。でも黄砂が花粉に付くと花粉症が悪化するらしい。その症状と対策を徹底解明!
花粉症と頭痛
花粉症も程度はさまざまで、鼻の粘膜の炎症だけであれば問題はありませんが、頭の深い部分に蓄膿を起こしているとさまざまなタイプの頭痛が出てきます。
花粉症の治療
花粉症の治療は、薬の服用や鼻スプレーの他、さまざまな方法があります。症状に合わせて自分に合った治療・症状軽減に取り組みましょう。
花粉症の薬
花粉症治療に使う薬の種類はいろいろあります。自分の症状に合わせた最適な薬を処方してもらいましょう。まずはどんな薬があるか確認しましょう。
花粉症の薬クラリチン
花粉症の治療として使われる抗ヒスタミン薬のクラリチンはどの程度効果が期待できるのでしょうか!?何よりも自分の症状に合わせた最適な薬を使うことが大切です。
妊娠中の花粉症の薬
妊婦しているときに花粉症に悩まされたら使える薬はあるのでしょうか?ひどい症状なら無理せず、かかりつけの産婦人科医に相談して薬を処方してもらいましょう。妊娠中でも服用できる薬はどんなものがあるのでしょうか!?
花粉症を注射で治す
花粉症を注射で治療する場合があります。何を注射するのでしょうか?そしてその効果・副作用はどの程度あるのでしょうか?実態を徹底解明!
花粉症をレーザー治療
花粉症をレーザーで治療することがあるようです。一体どんな治療なのでしょうか?そしてその効果・副作用はどの程度あるのでしょうか?実態を徹底解明!
花粉症の予防方法
花粉症は方法を知っていれば、悪化するのを予防することができます。花粉を体内に取り込まないようにして予防したり、事前に抗アレルギー薬を用いる方法などもあります。
花粉症と「ふき」
花粉症の対策として「ふき」が良いらしい。ふきにはフキノール酸というポリフェノールが含まれていて、この強い抗酸化作用が花粉症に効くと報告されています。
花粉症と「ヨーグルト」
花粉症の対策として「ヨーグルト」が良いらしい。ヨーグルトの乳酸菌が花粉症に効くらしい。なぜ乳酸菌が良いのでしょうか!?その効果はいかに?徹底解明!