黄砂と花粉症の関係

 
スポンサーリンク

花粉症が黄砂で悪化するかもしれない!?

黄砂そのものは砂なのでアレルゲンにはなりません。
でも黄砂が花粉に付いたり、花粉と一緒に黄砂を吸い込むと花粉症が悪化すると言われています。

 

 

黄砂が花粉症を悪化

黄砂がアレルギーを引き起こすのではなく、黄砂によってアレルギーが悪化すると考える方が良いかと思います。

 

スギ花粉は春先に飛散します。
黄砂はゴビ砂漠などで巻き上げられた砂で偏西風が強くなる3~5月に日本により多く飛来してきます。

 

花粉症と同じような症状が現れるので花粉症と思うでしょうが、黄砂の飛来と同じタイミングでアレルギー症状が出るなら黄砂が影響している可能性があります。

 

花粉は黄砂と結びつくとさらに細かな物質に変化すると言います。
そして黄砂は花粉症単独の症状をさら悪化させる作用があると考えられています。
また気管支ぜんそくなどのアレルギー症状を悪化させたり、長期化させるという報告があります。

 

スギ花粉と黄砂の混合物は、スギ花粉だけの場合より激しい炎症が起きたという実験の結果が出ています。
花粉症を引き起こす原因物質の量が増えて強いアレルギー炎症が起こるのです。

 

特に中国の工業地帯を通過した黄砂は、大気汚染物質が付着した状態で飛来してくるのでたちが悪いのです。
同様にPM2.5も花粉症の症状を悪化させます。

 

 

黄砂の正体

黄砂は、中国のゴビ砂漠やタクラマカン砂漠などの乾燥地帯から日本に向かって吹く偏西風によって運ばれてくる砂漠の砂塵です。
日本では主に3月から5月に観測される現象。
快晴なのに空が霞んで見え、白い粉のようなものが車のボンネットなどに積もっていれば、それが黄砂です。

 

黄砂は、昔からある自然現象ですが、近年、中国の産業の発展で車の排気ガスや工場などから排出される有害物質、PM2.5などの有害物質が黄砂に付着するとそれ自体がアレルギーの原因となってしまいます。

 

花粉と大きさを比べると黄砂やPM2.5は粒子が非常に細かいのが特徴。

 

黄砂とスギ花粉のサイズ比較

スギ花粉 30μm (0.03mm)
黄砂   4μm  (0.004mm)
PM2.5  2.5μm
DEP   0.5μm (DEP:ディーゼル排気粒子)

 

 

花粉症が悪化しないための対策

黄砂も花粉もマスクやめがねなどで体内への侵入を防ぐのが一番の予防です。
メガネは花粉症専用のメガネが必要です。
黄砂は粒子が細かいので花粉症用のマスクでは通してしまうので意味がありません。
PM2.5対応の目の細かいマスクを用意しましょう。

 

そして黄砂の予報をチェックして飛来が多い日は、極力、外出は控えましょう。

 

また洗濯物は屋外に干さない、外出から帰ったら玄関の外で衣服を払うなどして室内に持ち込まないように注意しましょう。
室内では出来るだけ窓は開けず、空気清浄機を最大限に活用しましょう。

スポンサーリンク

 

関連ページ

花粉症とは
花粉症は花粉がアレルゲンとなって起こるアレルギー。特に鼻、目、のどに症状が出ます。多くの日本人が悩んでいます。
花粉症の症状
花粉症の症状はさまざま。鼻の症状(鼻水・くしゃみ・鼻づまり)に加え、目の症状(かゆみ、涙、充血)なども。他にのどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状を解説しています。
花粉症の原因
スギの植林が戦後に増えたことで近年、スギ花粉飛来が増加したことが一番大きな原因。しかし、農村部よりも都市部に多く、単純にスギ花粉の飛来量だけが原因とはいえないようです。花粉症の原因を徹底解明!
花粉症の原因となる植物
花粉症の原因となる植物はさまざまあります。最も代表的なものはスギですが、それ以外にもヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなどいろいろあります。
花粉症の時期
春に花粉を飛ばすのはスギだけでイネは夏、ブタクサは秋がシーズンです。ただ他にも花粉の種類はいろいろありますし、地域によって花粉が飛散する時期は違います。
花粉症につくしエキス
つくしから抽出したエキスに抗アレルギー物質があり、スギ花粉症にはつくしが効果的であるという報告があります。
ヒノキ花粉症
スギ花粉の飛散が終わっても花粉症の症状が続く人はヒノキ花粉の可能性があります。スギ花粉症の約60%が同時にヒノキ花粉アレルギー体質であるという報告が出ています。
ブタクサ花粉症
秋の時期に花粉症で悩む人は、まずはブタクサが原因ではないかと疑われます。ブタクサはスギ、イネと並んで花粉症の代表格といってよいでしょう。
花粉症と頭痛
花粉症も程度はさまざまで、鼻の粘膜の炎症だけであれば問題はありませんが、頭の深い部分に蓄膿を起こしているとさまざまなタイプの頭痛が出てきます。
花粉症の治療
花粉症の治療は、薬の服用や鼻スプレーの他、さまざまな方法があります。症状に合わせて自分に合った治療・症状軽減に取り組みましょう。
花粉症の対策
症状に合わせた花粉症の治療に加えてアレルゲンに接しないようさまざまな対策をしましょう。
花粉症の薬
花粉症治療に使う薬の種類はいろいろあります。自分の症状に合わせた最適な薬を処方してもらいましょう。まずはどんな薬があるか確認しましょう。
花粉症の薬クラリチン
花粉症の治療として使われる抗ヒスタミン薬のクラリチンはどの程度効果が期待できるのでしょうか!?何よりも自分の症状に合わせた最適な薬を使うことが大切です。
妊娠中の花粉症の薬
妊婦しているときに花粉症に悩まされたら使える薬はあるのでしょうか?ひどい症状なら無理せず、かかりつけの産婦人科医に相談して薬を処方してもらいましょう。妊娠中でも服用できる薬はどんなものがあるのでしょうか!?
花粉症を注射で治す
花粉症を注射で治療する場合があります。何を注射するのでしょうか?そしてその効果・副作用はどの程度あるのでしょうか?実態を徹底解明!
花粉症をレーザー治療
花粉症をレーザーで治療することがあるようです。一体どんな治療なのでしょうか?そしてその効果・副作用はどの程度あるのでしょうか?実態を徹底解明!
花粉症の予防方法
花粉症は方法を知っていれば、悪化するのを予防することができます。花粉を体内に取り込まないようにして予防したり、事前に抗アレルギー薬を用いる方法などもあります。
花粉症と「ふき」
花粉症の対策として「ふき」が良いらしい。ふきにはフキノール酸というポリフェノールが含まれていて、この強い抗酸化作用が花粉症に効くと報告されています。
花粉症と「ヨーグルト」
花粉症の対策として「ヨーグルト」が良いらしい。ヨーグルトの乳酸菌が花粉症に効くらしい。なぜ乳酸菌が良いのでしょうか!?その効果はいかに?徹底解明!