歯の金属アレルギー

 
スポンサーリンク

虫歯を治療したら金属アレルギーになったかも!?

歯科治療で使用される金属に対するアレルギーがおこることがあります。
直接金属のあたる部分がかぶれるだけでなく、手足や全身にまで影響が及ぶ事があります。
突然の原因不明の皮膚病が発症し、口の中の金属が原因という場合もあります。

 

口腔内の金属アレルギーは、金属を使用してから数十年を経て突然発症することも多く、すぐに症状が現れるとは限りません
金属そのものは生体に対してアレルギー性を示しませんが、溶け出してプラスイオンとなり体の蛋白質と結合することによって、それを異物とみなした体が過剰反応を起こすのです。

 

昔使われていた虫歯治療の後の詰め物などに、ごく一般的に使用されていた歯科素材、アマルガムは特に注意が必要です。

 

 

金属アレルギーかなと思う人または心配な人は、検査を受けてみましょう。
口腔内金属の溶出傾向を調べる検査と金属に対するアレルギーを調べるパッチテストがあります。

スポンサーリンク

 

関連ページ

金属アレルギー
金属が接触すると拒絶反応を起こし、 皮膚がかぶれたりします。金属アレルギーはどんな症状が現れるのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
ラテックスアレルギー
天然ゴム製品に接触することで起こるじんま疹、アナフィラキシーショック、喘息発作などの即時型アレルギー反応。ラテックスアレルギーはどんな症状が現れるのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
ピアスで金属アレルギー
ピアスを付けて皮膚がかぶれたらアレルギー性接触皮膚炎の可能性があります。まずはどの金属が反応するか検査しましょう。予防のためにもピアスをするときに気をつけたいことがあります。
金属アレルギー検査
もしかして金属アレルギーかもまたは心配なら検査を受けてみましょう。その検査方法、結果、何が分かるのでしょうか?
紫外線アレルギー
日光や光線照射(紫外線)を浴びることで皮膚に異常反応が現れます。紫外線アレルギーはどんな症状が現れるのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?