ピアス金属アレルギー

ピアスを付けたら金属アレルギーになったかも!?

ピアスを付けて皮膚がかぶれたら、アレルギー性接触皮膚炎の可能性があります。

 

アレルギーがあるかどうかは血液検査・パッチテストで分かります。
(パッチテスト=接触性皮膚炎や薬疹の原因物質を確かめるため、 疑いのある物質を背中や腕に貼布して反応を調べる方法。)
ご自分のアレルゲンが 分かったら、その金属は使用しないようにしましょう。

 

 

ピアスの穴開けについて(ピアッシング)
ピアストラブルを起こさないためには ファーストピアスは必ず病院で医療用のものにしてもらいましょう。
ピアスの穴を開けることは医療行為です。
感染症、アレルギーなどのトラブルを避けるためにも、また起きてしまったトラブルの対処のためにも病院で開けることをおススメします。

 

 

実際にはアレルギーではなく不衛生にしていたため、痒み・肌荒れなどを起こしている事も多いようです。

関連ページ

金属アレルギー
金属が接触すると拒絶反応を起こし、 皮膚がかぶれたりします。金属アレルギーはどんな症状が現れるのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
ラテックスアレルギー
天然ゴム製品に接触することで起こるじんま疹、アナフィラキシーショック、喘息発作などの即時型アレルギー反応。ラテックスアレルギーはどんな症状が現れるのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
歯の金属アレルギー
歯科治療で使う金属でアレルギーが起こることがあります。直接金属のあたる部分がかぶれるだけでなく、手足や全身にまで影響が及ぶ事があります。突然の皮膚病で原因に気付かないこともあります。
金属アレルギー検査
もしかして金属アレルギーかもまたは心配なら検査を受けてみましょう。その検査方法、結果、何が分かるのでしょうか?
紫外線アレルギー
日光や光線照射(紫外線)を浴びることで皮膚に異常反応が現れます。紫外線アレルギーはどんな症状が現れるのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?