ラテックスアレルギー

ラテックスアレルギーかもしれない!?

ラテックスに接触することでじんま疹、アナフィラキシーショック、喘息発作などの即時型アレルギー反応が起こります。
ラテックスとは天然ゴムで作られた製品。
今まで問題なかったのにある日突然、ラテックスアレルギーになるということは少なくありません。

 

 

ラテックスアレルギーの症状

ゴム手袋などに触るだけでラテックスアレルギーになります。
さまざまな症状がありますが、最も多いのは蕁麻疹
特に手袋を装着した場合には赤く腫れたり水疱ができたり、それが全身に広がることもあります。

 

また悪化するとアナフィラキシーショックや喘息の発作を起こしたりします。

 

 

原因

ゴムの木の樹液から天然ゴムはつくられます。
樹液には多くの蛋白質が含まれていて製品化されても蛋白質が残っているので皮膚が触れるとアレルギー反応が起こるのです。
製品に残っていた蛋白質が皮膚と接触した時、汗によって溶け出します。
よく天然ゴム製品にパウダーがまぶしてありますが、そのパウダーが皮膚の表面を傷つけ蛋白質を侵入しやすくするとされます。
します。すると溶け出した蛋白質が吸収され、ラテックスアレルギーが生じます。

 

 

対策

ラテックスに触れないようにすることが重要です。
完全に取り除けていれば、改善が期待できます。

 

天然ゴムが含まれる製品には、手袋、カテーテル・絆創膏などの医療用具、炊事用手袋、ゴム風船、コンドームなどの日用品があります。

 

バナナ、アボカド、キウイフルーツ、クリなどの食物アレルギーのある人は、ラテックスにも注意が必要です。

関連ページ

金属アレルギー
金属が接触すると拒絶反応を起こし、 皮膚がかぶれたりします。金属アレルギーはどんな症状が現れるのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
ピアスで金属アレルギー
ピアスを付けて皮膚がかぶれたらアレルギー性接触皮膚炎の可能性があります。まずはどの金属が反応するか検査しましょう。予防のためにもピアスをするときに気をつけたいことがあります。
歯の金属アレルギー
歯科治療で使う金属でアレルギーが起こることがあります。直接金属のあたる部分がかぶれるだけでなく、手足や全身にまで影響が及ぶ事があります。突然の皮膚病で原因に気付かないこともあります。
金属アレルギー検査
もしかして金属アレルギーかもまたは心配なら検査を受けてみましょう。その検査方法、結果、何が分かるのでしょうか?
紫外線アレルギー
日光や光線照射(紫外線)を浴びることで皮膚に異常反応が現れます。紫外線アレルギーはどんな症状が現れるのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?