食物アレルギー

食物のアレルゲンを特定するには?

何を食べてアレルギーになったのかその原因が分からない場合、まず原因物質(アレルゲン)を特定する必要があります。
アレルゲンを特定する方法は、病院での検査に加えて疑わしい食べ物を「除去」したり「誘発(あえて食べる)」したりして絞り込んでいくなどの方法があります。

 

原因物質が推測できるときは、それだけを調べた方が経済的な負担は当然少なくなります。

 

 

血液検査

IgE抗体検査

まず、血液検査でIgE抗体があるかどうかを調べます。
一般的にまずは代表的な食べ物のみ検査します。

 

特定の食物のIgE抗体が存在すれば、アレルギー反応を引き起こす可能性があることを意味します。
数値が高ければ、抗体がたくさんあるということです。
ただ数値が高くてもアレルギーになるとは限りません。逆に陰性でも症状を起こす場合もあります

 

ヒスタミン遊離試験

血液とアレルゲンを混ぜ反応させることで実際のアレルギー反応と同様にヒスタミンが作られるかを検査します。
IgE抗体が陽性で本当に作用するかを確認したいときに行われます。

 

 

皮膚プリックテスト

アレルゲンを皮膚に付けてしばらくして赤く腫れれば、陽性となります。
採血せずに行え、IgE抗体の検査と同様の意味があります。しかもすぐに結果が分かり、価格が安い
アレルギーに反応しやすい人は、全身に反応が起きるリスクがありますので注意しましょう。

 

 

食物除去試験

特定の食物アレルギーかどうかは、その原因物質である食べ物を食べて本当にアレルギーになるか、またその食べ物を食べなかったらならないかを実際に試してみれば良いのです。

 

食物除去試験は、その疑わしい食べ物を食べないことで症状が改善するかを観察します。
例えば、アトピー性皮膚炎や慢性蕁麻疹など既に症状が出ていて食物アレルギー原因でないかと疑わしい場合、その疑わしい食品を2~4週間、完全に食べないようにして症状が改善するかどうかを観察します
期間や症状の変化など医師の指示に従い試験します。

 

もし症状が改善したなら診断を確定するため「誘発試験」を行います。
症状が改善しなければ、除去試験を中止し、医師と次の対策を考えましょう。

 

 

誘発試験

疑わしい原因物質を実際に食べてみて症状を観察する方法です。
一般的な方法は、まずごく少量から食べ始め、一定時間後、摂取する量を増やしながら症状を観察します。
食べる時間の間隔や食べる量は医師の指示の元で行います。

 

症状が出たときの緊急処置ができる準備を整えて行うことが必要です。
原始的な方法ですが、食物アレルギーの診断でこれに勝るものはありません。

関連ページ

卵アレルギー
やジクジク・カサカサの湿疹が特徴。特に湿気を帯びたジクジクの湿疹が多い。卵アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
小麦アレルギー
小麦でアレルギーを引き起こすのは子供に多い。皮膚に出てくる症状と全身の症状があります。小麦アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
牛乳アレルギー
最も深刻なアレルギーのひとつで下痢、嘔吐などの消化器症状のほか、アトピー性皮膚炎、喘鳴、アナフィラキシー・ショックを起こすことがあります。牛乳アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
そばアレルギー
一度そばで食物アレルギーを起こすと、次からは重症になることがあります。生死の問題になり得ます。蕎麦(そば)アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
大豆アレルギー
大豆をアレルゲンとした食物アレルギーの一種。湿疹や強い痒みが出ることが多く、さまざまな食品や飲み物で大豆が使われているので選別はやっかい。大豆アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
サプリメントでアレルギー
食物アレルギーがあるように薬やサプリメントを服用してアレルギーが出ることがあります。サプリメントアレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
アルコールでアレルギー?
アルコールを飲んだらアレルギーのような症状が現れた、喘息が誘発された?アルコールはアレルギーの原因物質(アレルゲン)になりうるのでしょうか!?
薬アレルギー
たとえ少量の薬でもアレルギー反応を引き起こすことがあります。これらの反応は、軽微で単にイライラするだけのものから、重症で生命にかかわるものまであります。薬アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
米アレルギー
米の外側に含まれているたんぱく質が米アレルギーの原因となっています。米アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
たけのこでアレルギー?
たけのこを食べたらアレルギーのような症状が現れた!でもたけのこ自体はアレルゲンではありません。では、この症状は何!?
ピーナッツアレルギー
幼児期に発症することが多く、食べなくとも、接触や吸入によって症状が強く発症することがあります。ピーナッツアレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
マンゴーアレルギー
マンゴーはウルシ科の植物でかぶれを起こす果物。口の周りに症状がでやすく、赤く腫れて小さな水疱ができ、強い傷みを伴います。マンゴーアレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
バナナアレルギー
バナナなどの果物アレルギーは、年齢を重ねるつれ発症する確率が高くなります。バナナアレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
果物アレルギー
さまざまな果物がアレルギーをもたらします。しかも年齢を重ねるつれ発症する確率が高くなります。果物アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
食物アレルギー食品一覧
食物アレルギーになりうる食品はかなりの種類があります。その一覧を紹介します。食品によっては、アナフィラキシーショックを発生して命にかかわることもあります。
食物アレルギーの食品
アレルギー性の強い食品と弱い食品とに分類できます。生物の生殖、増殖に関係する食品はアレルギー性が高く、反対に関係の薄い食品はアレルギー性が弱いことになります。
食物アレルギーの体質遺伝
アレルギーの場合、体質の遺伝はあります。両親がアレルギーでなくても、親戚(3親等程度まで)に何らかのアレルギー症状をお持ちの方がいれば、体質としてアレルギー素因を持っている可能性があります。