果物アレルギー

果物アレルギーになったらどうする!?

果物アレルギーは、メロンやリンゴなどの果物をアレルゲンとした食物アレルギーの一種。
果物を食べた直後に唇や舌、口の中が腫れたり、かゆみやイガイガする感じがあらわれたりする症状。
口腔アレルギー症候群といいます。

 

特徴としては、成人になるにつれアレルギー症状が治まることが多い卵や牛乳のアレルギーとは違い、年齢を重ねるつれ発症する確率が高くなります

 

 

果物アレルギーになる原因のひとつとして鮮度が低かったり、同じ果物を一度に大量に摂取したことをきっかに下痢や腹痛といった消化器系から、口の中や喉が痒くなるといったアレルギー症状を発症させることがあります。
ブタクサの花粉症やラテックス(ゴム)にアレルギー反応が出る人は、果物アレルギーになりやすいと言われています。

 

 

アレルギーを引き起こす果物としてナシ、バナナ、サクランボ、スイカ、メロン、リンゴ、イチゴ、オレンジ、キウイ、モモ、梅、グレープフルーツ、パパイヤ、パイナップル、レモンなどがあります。
また、トマト、キュウリ、セロリ、ニンジン、ナス、ジャガイモ、ニンニクなどの野菜も同様の症状を引き起こすことがあります。

関連ページ

卵アレルギー
やジクジク・カサカサの湿疹が特徴。特に湿気を帯びたジクジクの湿疹が多い。卵アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
小麦アレルギー
小麦でアレルギーを引き起こすのは子供に多い。皮膚に出てくる症状と全身の症状があります。小麦アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
牛乳アレルギー
最も深刻なアレルギーのひとつで下痢、嘔吐などの消化器症状のほか、アトピー性皮膚炎、喘鳴、アナフィラキシー・ショックを起こすことがあります。牛乳アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
そばアレルギー
一度そばで食物アレルギーを起こすと、次からは重症になることがあります。生死の問題になり得ます。蕎麦(そば)アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
大豆アレルギー
大豆をアレルゲンとした食物アレルギーの一種。湿疹や強い痒みが出ることが多く、さまざまな食品や飲み物で大豆が使われているので選別はやっかい。大豆アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
サプリメントでアレルギー
食物アレルギーがあるように薬やサプリメントを服用してアレルギーが出ることがあります。サプリメントアレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
アルコールでアレルギー?
アルコールを飲んだらアレルギーのような症状が現れた、喘息が誘発された?アルコールはアレルギーの原因物質(アレルゲン)になりうるのでしょうか!?
薬アレルギー
たとえ少量の薬でもアレルギー反応を引き起こすことがあります。これらの反応は、軽微で単にイライラするだけのものから、重症で生命にかかわるものまであります。薬アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
米アレルギー
米の外側に含まれているたんぱく質が米アレルギーの原因となっています。米アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
たけのこでアレルギー?
たけのこを食べたらアレルギーのような症状が現れた!でもたけのこ自体はアレルゲンではありません。では、この症状は何!?
ピーナッツアレルギー
幼児期に発症することが多く、食べなくとも、接触や吸入によって症状が強く発症することがあります。ピーナッツアレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
マンゴーアレルギー
マンゴーはウルシ科の植物でかぶれを起こす果物。口の周りに症状がでやすく、赤く腫れて小さな水疱ができ、強い傷みを伴います。マンゴーアレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
バナナアレルギー
バナナなどの果物アレルギーは、年齢を重ねるつれ発症する確率が高くなります。バナナアレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
食物アレルゲン特定
一度でも食べ物でアレルギーになると他の食べ物でもアレルギーになるのではと不安ですよね。そこで自分の食物アレルゲンをどのように特定すればよいのでしょうか!?その方法は?
食物アレルギー食品一覧
食物アレルギーになりうる食品はかなりの種類があります。その一覧を紹介します。食品によっては、アナフィラキシーショックを発生して命にかかわることもあります。
食物アレルギーの食品
アレルギー性の強い食品と弱い食品とに分類できます。生物の生殖、増殖に関係する食品はアレルギー性が高く、反対に関係の薄い食品はアレルギー性が弱いことになります。
食物アレルギーの体質遺伝
アレルギーの場合、体質の遺伝はあります。両親がアレルギーでなくても、親戚(3親等程度まで)に何らかのアレルギー症状をお持ちの方がいれば、体質としてアレルギー素因を持っている可能性があります。