小麦アレルギー

小麦アレルギーになったらどうする!?

小麦アレルギーは、小麦をアレルゲンとした食物アレルギーの1種です。乳幼児から小学生までの子どもに発症しやすく、卵、牛乳、大豆といった三大アレルゲンについで多い食物となっています。
また、アレルギー反応を起こす頻度が高い食品の1つであるため、厚生労働省の「特定原材料」として指定されています。

 

 

小麦アレルギーの症状

症状としては、皮膚に出てくる症状と全身の症状があります。

 

皮膚に出る症状としては、蚊に刺されたような蕁麻疹や赤い発疹が出たりします。まぶたの腫れが出る人もいます。
小麦がアトピー性皮膚炎を悪化させる場合もあります。
全身の症状は、小麦の摂取により起こるアナフィラキシーです。小麦を食べて数時間以内に運動するとアナフィラキシーが起こります。

 

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんが離乳食を始めるときに初めてパンがゆを食べてショックを起こすこともしばしばあります。多くの場合、成長と共に改善されますが、小学生になってもアナフィラキシーを起こす子もいます。

 

 

小麦アレルギーの原因

小麦には、グルテンと呼ばれる物質が含まれていて特定の人にアレルギー反応を起こす原因となります。グルテンのどの部分に反応しているかは、個人により異なります。
また今まで小麦を食べても大丈夫だった人が小麦アレルギーになる場合があります。

 

 

小麦アレルギーの対策

小麦を摂取しないための食品や調理の知識が必要となります。
小麦のアレルギーの場合、炭水化物は「米」や「イモ類」などから補うようにしましょう。おススメは、和食を中心とした食事。比較的簡単に小麦を排除することができます。和食なら自然とバランスの良い食事をすることができます。

 

気をつけたいことが外食や加工食品、お菓子などに含まれる小麦です。
購入前に食品の成分表示を見るようにしましょう。
特に外食は注意しましょう。小麦粉はつなぎや衣、ルー、練り製品など多くの食品に含まれています。外食の場合、店員さんに聞くか成分表示のサイトがあるチェーン店などを利用すると良いでしょう。知識が身につけば、ある程度判断できるようになります。

 

小麦は、特定原材料として表示の義務があるため、加工食品でも必ず記載されています。
自宅で調理するときは小麦粉の代わりに「ホワイトソルガム」や「米粉」「上新粉」などで補えます。

 

小麦を使っていないおやつの例として煎餅や団子類、プリン、寒天類などがおススメです。

関連ページ

卵アレルギー
やジクジク・カサカサの湿疹が特徴。特に湿気を帯びたジクジクの湿疹が多い。卵アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
牛乳アレルギー
最も深刻なアレルギーのひとつで下痢、嘔吐などの消化器症状のほか、アトピー性皮膚炎、喘鳴、アナフィラキシー・ショックを起こすことがあります。牛乳アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
そばアレルギー
一度そばで食物アレルギーを起こすと、次からは重症になることがあります。生死の問題になり得ます。蕎麦(そば)アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
大豆アレルギー
大豆をアレルゲンとした食物アレルギーの一種。湿疹や強い痒みが出ることが多く、さまざまな食品や飲み物で大豆が使われているので選別はやっかい。大豆アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
サプリメントでアレルギー
食物アレルギーがあるように薬やサプリメントを服用してアレルギーが出ることがあります。サプリメントアレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
アルコールでアレルギー?
アルコールを飲んだらアレルギーのような症状が現れた、喘息が誘発された?アルコールはアレルギーの原因物質(アレルゲン)になりうるのでしょうか!?
薬アレルギー
たとえ少量の薬でもアレルギー反応を引き起こすことがあります。これらの反応は、軽微で単にイライラするだけのものから、重症で生命にかかわるものまであります。薬アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
米アレルギー
米の外側に含まれているたんぱく質が米アレルギーの原因となっています。米アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
たけのこでアレルギー?
たけのこを食べたらアレルギーのような症状が現れた!でもたけのこ自体はアレルゲンではありません。では、この症状は何!?
ピーナッツアレルギー
幼児期に発症することが多く、食べなくとも、接触や吸入によって症状が強く発症することがあります。ピーナッツアレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
マンゴーアレルギー
マンゴーはウルシ科の植物でかぶれを起こす果物。口の周りに症状がでやすく、赤く腫れて小さな水疱ができ、強い傷みを伴います。マンゴーアレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
バナナアレルギー
バナナなどの果物アレルギーは、年齢を重ねるつれ発症する確率が高くなります。バナナアレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
果物アレルギー
さまざまな果物がアレルギーをもたらします。しかも年齢を重ねるつれ発症する確率が高くなります。果物アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
食物アレルゲン特定
一度でも食べ物でアレルギーになると他の食べ物でもアレルギーになるのではと不安ですよね。そこで自分の食物アレルゲンをどのように特定すればよいのでしょうか!?その方法は?
食物アレルギー食品一覧
食物アレルギーになりうる食品はかなりの種類があります。その一覧を紹介します。食品によっては、アナフィラキシーショックを発生して命にかかわることもあります。
食物アレルギーの食品
アレルギー性の強い食品と弱い食品とに分類できます。生物の生殖、増殖に関係する食品はアレルギー性が高く、反対に関係の薄い食品はアレルギー性が弱いことになります。
食物アレルギーの体質遺伝
アレルギーの場合、体質の遺伝はあります。両親がアレルギーでなくても、親戚(3親等程度まで)に何らかのアレルギー症状をお持ちの方がいれば、体質としてアレルギー素因を持っている可能性があります。