卵アレルギー

卵アレルギーになったらどうする!?

鶏の卵は栄養価が高く、広く食材として使われていますが、アレルギーに悩む人も多いです。
食物アレルギーの子供のうち約4割が「卵アレルギー」といわれています。
大好きな卵を食べられないのは辛いですよね!原因を理解して症状を改善しましょう。

 

 

 

卵アレルギーの症状

卵アレルギーの症状は、湿疹や咳などがです。

 

湿疹ができやすい部位にジクジクやカサカサの湿疹ができます。例えば、口周りから赤いポツポツが見られ首へと広がって同時に痒みも起こります。
食べてから数分で症状が出たり、数時間後に症状が現れるケースもあります。強い痒みが出ますが、極力掻かないように注意しましょう。

 

また、咳が出る場合があります。症状が重いと呼吸困難に陥る場合もあります。また嘔吐や下痢、腹痛、目が赤くはれるなどの症状もあります。

 

 

卵アレルギーは乳幼児に多く見られます。理由は大人と比べて消化機能が未熟のなので反応を起こしやすいようです。
喘息持ちの赤ちゃんなどはアナフィラキシーショックを引き起こす恐れがありますので注意しましょう。
心拍数の増加や顔面蒼白、発汗などの症状が出たら早めに医療機関を受診しましょう。

 

赤ちゃんのときに発症した場合、3歳を超える頃までには自然と治ってしまうことが多いです。
腸管の免疫機能が発達したことで卵が体に有害なものではないと認識できるようになるからだと考えられています。

 

 

卵アレルギーの原因

原因は、卵白に含まれているオボアルブミン・オボトランスフェリン・オボクコイド・リゾチームなどがアレルゲンとなって引き起こされるとされています。
特に赤ちゃんの場合、遺伝的なアレルギー体質になっていると発症しやずいようです。

 

加熱することで生卵よりもアレルゲンによる反応が起きにくくなります。

 

 

卵アレルギーの対策

卵アレルギーの症状が出たら基本は卵を食べないことですが、成長期なので栄養不足や成長不良を起こす例もありますので卵アレルギーの除去が必要かどうかは必ず専門の医師の指示のもと定期的に診察を受けて行うようにしましょう。

 

そして日々の食べるものに注意を払う必要があります。食品表示などを確認する習慣を身に付けましょう。
卵を食事から除去する場合は、他の食品からたんぱく質を補うことが大切です。肉や魚や大豆などたんぱく質の多く含まれる食品を含めバランスの良い食事を心がけましょう。

 

赤ちゃんの多くの場合、3歳過ぎごろまでには治りますので神経質になりすぎず、アレルギーと上手に付き合っていきましょう。

 

 

卵を食べても良いかどうかの判断は、病院で負荷テストなどのアレルギー検査を行いながら、医師と相談の上、判断しましょう。

関連ページ

小麦アレルギー
小麦でアレルギーを引き起こすのは子供に多い。皮膚に出てくる症状と全身の症状があります。小麦アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
牛乳アレルギー
最も深刻なアレルギーのひとつで下痢、嘔吐などの消化器症状のほか、アトピー性皮膚炎、喘鳴、アナフィラキシー・ショックを起こすことがあります。牛乳アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
そばアレルギー
一度そばで食物アレルギーを起こすと、次からは重症になることがあります。生死の問題になり得ます。蕎麦(そば)アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
大豆アレルギー
大豆をアレルゲンとした食物アレルギーの一種。湿疹や強い痒みが出ることが多く、さまざまな食品や飲み物で大豆が使われているので選別はやっかい。大豆アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
サプリメントでアレルギー
食物アレルギーがあるように薬やサプリメントを服用してアレルギーが出ることがあります。サプリメントアレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
アルコールでアレルギー?
アルコールを飲んだらアレルギーのような症状が現れた、喘息が誘発された?アルコールはアレルギーの原因物質(アレルゲン)になりうるのでしょうか!?
薬アレルギー
たとえ少量の薬でもアレルギー反応を引き起こすことがあります。これらの反応は、軽微で単にイライラするだけのものから、重症で生命にかかわるものまであります。薬アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
米アレルギー
米の外側に含まれているたんぱく質が米アレルギーの原因となっています。米アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
たけのこでアレルギー?
たけのこを食べたらアレルギーのような症状が現れた!でもたけのこ自体はアレルゲンではありません。では、この症状は何!?
ピーナッツアレルギー
幼児期に発症することが多く、食べなくとも、接触や吸入によって症状が強く発症することがあります。ピーナッツアレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
マンゴーアレルギー
マンゴーはウルシ科の植物でかぶれを起こす果物。口の周りに症状がでやすく、赤く腫れて小さな水疱ができ、強い傷みを伴います。マンゴーアレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
バナナアレルギー
バナナなどの果物アレルギーは、年齢を重ねるつれ発症する確率が高くなります。バナナアレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
果物アレルギー
さまざまな果物がアレルギーをもたらします。しかも年齢を重ねるつれ発症する確率が高くなります。果物アレルギーはどんな症状が出るのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
食物アレルゲン特定
一度でも食べ物でアレルギーになると他の食べ物でもアレルギーになるのではと不安ですよね。そこで自分の食物アレルゲンをどのように特定すればよいのでしょうか!?その方法は?
食物アレルギー食品一覧
食物アレルギーになりうる食品はかなりの種類があります。その一覧を紹介します。食品によっては、アナフィラキシーショックを発生して命にかかわることもあります。
食物アレルギーの食品
アレルギー性の強い食品と弱い食品とに分類できます。生物の生殖、増殖に関係する食品はアレルギー性が高く、反対に関係の薄い食品はアレルギー性が弱いことになります。
食物アレルギーの体質遺伝
アレルギーの場合、体質の遺伝はあります。両親がアレルギーでなくても、親戚(3親等程度まで)に何らかのアレルギー症状をお持ちの方がいれば、体質としてアレルギー素因を持っている可能性があります。