アレルギー性紫斑病

 
スポンサーリンク

アレルギー性紫斑病になったらどうする!?

アレルギー性紫斑病とは、別名、ヘノッホ‐シェーンライン紫斑病とも呼ばれ、独特な皮疹が表れ、関節痛や関節炎、痙攣、脳出血、肺出血、精巣の腫脹といったように、血管が炎症を起こして血液が漏れる病気です。
主に3~10歳の小児に起こる全身性血管炎の中では最も多い病気であるといえます。男児がやや多い傾向があります。風邪などの症状が先に起こり、それから1~2週後に発症することが多いようです。

 

 

はっきりした原因は不明ですが、免疫システムの抗体と関連のある疾患と考えられています。

 

 

アレルギー性紫斑病の治療

一般的にはほとんど治療は必要ないとされています。

 

関節の痛みが強い場合などに鎮痛薬か非ステロイド系抗炎症薬(ブルフェン、ナイキサン)で痛みを鎮めることがあります。
強い関節痛や腹痛がある場合には、ステロイドを使用することがあります。
長期に腹痛や関節痛が持続してXIII因子が低下している場合、この因子を補充することもあります。
また腸管に潰瘍ができた場合、抗潰瘍薬を投与することがあります。

 

紫斑病性腎炎が現れ、蛋白尿が悪化する場合は小児腎臓医に相談しましょう。

 

 

先行感染に対しては原因に対して有効な薬剤を使用します。
急性期は安静を保ち、症状に応じ治療します。

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

アレルギー性鼻炎
くしゃみ、鼻水、鼻づまりと常に気になる症状があります。アレルギー性鼻炎はどんな症状なのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
アレルギー性結膜炎
結膜の充血、流涙、かゆみなどつらい症状があります。アレルギー性結膜炎はどんな症状なのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
アレルギー喘息
一般的な喘息と同じように発作性の呼吸困難といった症状がでます。アレルギー喘息はどんな症状なのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
アレルギー性気管支炎
アレルギーが原因で発症している気管支炎で咳に加え胸の痛みや喘息のようなゼーゼーといった喘鳴が現れ、高熱になることがあります。アレルギー性気管支炎はどんな症状なのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
アレルギー性肉芽腫性血管炎
全身の動脈に壊死性血管炎を生じる病気でチャーグ・ストラウス症候群とも呼ばれています。アレルギー性肉芽腫性血管炎はどんな症状なのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
アレルギー性皮膚炎
かぶれ、湿疹、アトピー性皮膚炎などがみられます。アレルギー性皮膚炎はどんな症状なのでしょうか?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
アレルギーの症状 かゆみ
皮膚にアレルギーが起こると炎症やかぶれ、湿疹で激しいかゆみが出ます。かゆみの原因は何でしょう?どんな対策をすればよいのでしょうか!?
アレルギーによる咳
長く続く咳は、咳喘息だけでなく肺結核、気管支肺炎などがありますが、アレルギーが原因で咳が続くこともあります。アレルギーによる咳の原因・症状は?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
アレルギーによる湿疹
アレルギー性の皮膚炎になると湿疹やかぶれなどの症状がみられ、なかなか治らないことがあります。アレルギーによる湿疹の原因・症状は?そして改善するためにどんな対策をすればよいのでしょうか!?
皮膚のアレルギー
アレルギーになり皮膚にかぶれや湿疹などの症状が出ることがあります。アレルギーによる皮膚トラブルの原因・症状は?そして改善するためにどんな治療をすればよいのでしょうか!?
アレルギーの検査
アレルギーの原因物質を特定するための検査はいろいろあります。どんな検査をするのでしょうか!?また検査で何が分かるのでしょうか!?
アレルギーの予防
アレルギーを予防するために心がけたいことがあります。原因物質に接触しないようにすることと根本的な体質改善をすること。その方法を徹底解明!