アレルギーをおこす物質

アレルギーを引き起こす物質は?

アレルギー反応をおこす物質は侵入形式によって大きく3種に分けられます。
この原因物質をアレルゲンまたは抗原とも呼びます。

 

 

吸入性抗原

空気中に存在し、呼吸によって体内に入ってくるもの。

 

花粉

オオアワガエリ、カモガヤ、ホソムギ、ハルガヤ、ススメノテッポウ、オオムギ、トウモロコシ、ブタクサ、ヨモギ、クワモドキ、カナムグラ、スギ、ヒノキ、カエデ、ブナ、ヤナギ、カシ、ハンノキ、シラカンバ、コナラなど

 

ハウスダスト

ダニ、フケ、犬・猫などのペットの毛や羽、人の毛髪、羊毛、綿花、食べかす、たばこの煙粒子、工場からの煙、自動車の排気ガスなど

 

カビ類

ペニシリウム、クラドスポリウム、アスペルギルス、ムコール、アルテルナリア、ヘルミントスポリウム、カンジダ、ピティロスポリウム、トリコフィトン、マラセチア(属)、黄色ブドウ球菌A・Bなど

 

その他

そば粉、小麦粉、おがくず、きのこの胞子など

 

 

食物性抗原

食べ物から体内に入ってくるもの。

 

特定原材料

卵、小麦、えび、かに、そば、落花生、牛乳

 

特定原材料に準ずるもの

あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、、牛肉、、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

 

薬品類

注射・内服薬など。
抗菌薬や解熱剤などの医薬品がアレルギーを引き起こしやすい。

 

 

接触性抗原

触ることでアレルギー反応を起こすアレルゲン。

 

動物

犬・猫・牛・馬・ニワトリ・ウサギ・鳥などの毛や唾液

 

昆虫

家ダニ・クモ・蚊・ノミ・シラミ・毛虫など

 

微生物

細菌・カビ・ハウスダストなど

 

植物

杉・赤松・黒松の花粉・ウルシ・ブタクサ・銀杏・銀杏・はぜ・つつじ・桜草・げんのしょう・チューリップなど

 

化学薬品類

洗剤・外用薬・化粧品・パーマ液・入浴剤・歯磨粉・毛染剤・香料・塗料・ラテックス・防カビ剤など

 

その他

衣服・毛皮・靴下・下着・生理用品・ビューラー・時計バンド・めがね・寝具・カーペット・ゴム手袋・金属アクセサリー

関連ページ

アレルギーとは
アレルギーとは一体どんな病気でしょうか!?免疫反応が、特定の抗原に対して過剰に起こる非常に厄介な病気なのです。
アレルギーの病気一覧
アレルギーの病気の表れ方は多種多様です。どんな病気があり、それぞれどんな症状があらわれるでしょうか!一覧表示。
アレルギーの症状
アレルギーになるとどんな症状があらわれるでしょうか!?
アレルギー症状の原因
アレルギー症状が現れたらまず原因を特定します。原因物質が分からなければ、治療は困難になります。
アレルギー体質とは?
アレルギーになる人とならない人がいます。その違いのひとつに本人の体質があります。つまりアレルギーになりやすい体質というのがあります。
アレルゲンとは?
アレルゲンとはアレルギーを起こす原因物質のこと。抗原とも言います。ダニ、スギ、ペットの毛、卵など何でもないものが、アレルギー症状を引き起こします。
吸入性アレルゲン
吸入性アレルゲンの特徴は?またどんなアレルギーを引き起こしやすいのでしょうか?
植物性アレルゲン
植物性アレルゲンの特徴は?またどんなアレルギーを引き起こしやすいのでしょうか?