アレルギーとは

アレルギーとは?

アレルギーとは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こることをいいます。

 

免疫反応は、生体にとって不可欠な生理機能で本来、人の体を守る働きをしますが、ときに過剰に反応し、さまざまな症状を引き起こしてしまう現象がアレルギーです。

 

人間は体内に入ってきた異物(細菌やウイルス)に対して免疫は抗体を作って対抗しようとします。
それが食物やダニ、花粉など本来は病原性のないものに対しても特別な抗体IgEをつくって、過剰な反応を起こしてしまうのです。

 

 

アレルギーの原因となる物質をアレルゲンと呼びます。
アレルゲンは、食物・金属・ほこり・ダニ・花粉などさまざまあります。

 

アレルゲンに反応してできた抗体をIgE(免疫グロブリンE)といい、このIgEが作られやすいかどうかは個人差があり、いわゆる体質によって異なります。

 

 

病気の原因を知り環境を整えることで病気の発症を予防したり、症状を軽くすることは可能です。

関連ページ

アレルギーの病気一覧
アレルギーの病気の表れ方は多種多様です。どんな病気があり、それぞれどんな症状があらわれるでしょうか!一覧表示。
アレルギーの症状
アレルギーになるとどんな症状があらわれるでしょうか!?
アレルギー症状の原因
アレルギー症状が現れたらまず原因を特定します。原因物質が分からなければ、治療は困難になります。
アレルギー反応をおこす物質
アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)にはどんなものがあるでしょうか!?思いもよらない物質もあるのではないでしょうか?
アレルギー体質とは?
アレルギーになる人とならない人がいます。その違いのひとつに本人の体質があります。つまりアレルギーになりやすい体質というのがあります。
アレルゲンとは?
アレルゲンとはアレルギーを起こす原因物質のこと。抗原とも言います。ダニ、スギ、ペットの毛、卵など何でもないものが、アレルギー症状を引き起こします。
吸入性アレルゲン
吸入性アレルゲンの特徴は?またどんなアレルギーを引き起こしやすいのでしょうか?
植物性アレルゲン
植物性アレルゲンの特徴は?またどんなアレルギーを引き起こしやすいのでしょうか?