アレルギー症状の体質改善

 
スポンサーリンク

アレルギー症状の実態

最近の調査でアレルギー性の病気の症状を持つ人が急激に増加していると報告されています。

 

朝方、ちょっと鼻水が出るとか、時々、咳が出るとか自分がアレルギーの病気であると実感していない人もいるようですが、日本の人口の3分の1が何らかのアレルギーの病気になっていると言われています。

 

特にアトピーやアレルギー性鼻炎、気管支喘息、花粉症などの症状に悩む人が多くなっているのです。

 

 

この病気は、身体を守るための免疫機能に異常が生じて起こる病気です。
通常は無害である物質(花粉・ダニ・卵・牛乳など)が、体の中で不利益になる免疫反応を起こし、不快な結果をもたらします。

 

 

アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息が三大疾患と言われていますが、その他にもは色々な種類の疾患があります。
また原因もさまざまで原因を特定することが、難しい場合も多いです。

 

 

当サイトは様々なアレルギーの症状の解説や原因・対策を解説する支援サイトです。
また症状別に体質改善による根本治療を目指す人のためのヒントを紹介しています。

 

 

生活の中でアレルギーの体質改善

この病気は、なりやすい人となりにくい人がいます。その違いは何でしょう?

 

簡単に言うと体質の違いです。
体質の違いとは、アレルギーになる原因物質であるアレルゲンに対する免疫力が強いか弱いかです。
免疫力が強ければ、何の問題も起こらないのです。

 

ではその免疫力を強化するにはどうすれば、よいでしょうか!?

 

1.食習慣

糖質や脂質のバランスが崩れることがアレルギーの原因になるといわれています。
バランスの良い食生活。その上で脂質・糖質の摂りすぎは控えましょう。
また食品添加物や農薬の影響が多いものにも気をつけましょう。
ニンニク・バナナ・ヨーグルトなど免疫力を高める食品もあります。

 

2.生活習慣

不規則な生活や睡眠不足、また喫煙・過度の飲酒などは免疫力を低下させます。
規則正しい生活、質の高い睡眠をとる方法を身につけましょう。

 

3.肌のケア

皮膚トラブルが起こる原因のひとつに「お肌のバリア機能の低下」があります。
肌のバリア機能が低下する大きな要因は乾燥です。
そのため皮膚の保湿ケアが大切になります。
自分の肌に合った保湿剤を探してしっかりケアするようにしましょう!

 

4.ストレス対策

疲労・風邪などの肉体的ストレスや仕事・人間関係・経済苦などの精神的ストレスが発症の引き金になることがあります。
ストレスを受けない工夫や発散する方法を身につけましょう。

 

5.運動

アレルギー予防には、皮膚と粘膜を鍛え、呼吸器系の強化がよいとされています。
そのひとつの方法が運動。おススメはスイミング。
水の刺激が皮膚を鍛え、息を止めながら運動するので呼吸器を強くします。


スポンサーリンク